今年の夏の節電に貢献する「トップヒートバリアー」

日本遮熱株式会社 2014年07月23日

From 共同通信PRワイヤー

2014年7月23日

日本遮熱株式会社

今年の夏の節電に貢献する「トップヒートバリアー」

 2011年の東日本大震災以降、原子力発電が見直され、発電システムが火力発電に移行しています。このような状況下、今年の夏も節電が大きな社会のテーマとなっています。日本遮熱株式会社(本社:栃木県足利市)では僅か、0.1mmの遮熱材「トップヒートバリアー」を開発し、電力削減に大きく寄与しています。
 本来この素材は過酷な環境の宇宙開発から生まれたもので、この素材を日本遮熱が実用化に成功、現在、温度管理に経費がかかる工場や、農業倉庫、食品管理が要求される店舗、住居等に使用され、その効果が注目されています。
 また、この素材を施工する工法「ATISアティス」と「AYASアヤーズ」は伝導熱の阻止工法・構造特許を取得しています。

[施工後の電力削減例]
(鉄骨建物の電力削減で1000平方メートルの工場例)
夏場4か月の電力削減額 -440,883円
基本料金の削減額    -1,384,673円
年間の電力削減額    -2,266,439円



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。