Ruby開発事例「営業情報共有システム」を公開しました。

株式会社トランスネット 2014年08月27日

RubyにつよいWEB開発会社であるトランスネット株式会社はRuby開発事例「営業情報共有システム」を公開しました。

本事例は、営業担当者が営業活動を登録・閲覧し、営業チーム内での情報共有を行うための営業ツールです。本システムはWebシステムでありながらタブレットでの使用を想定した画面設計とし、PCとタブレットで同じ情報を登録・閲覧を可能とすることで社外・社内問わず使用できるものとしました。また、登録した営業情報はPDF帳票や、CSVの形式で出力することを可能としています。
ポイントとして、各営業担当者が登録した内容を管理者が承認を行い、その後にチーム内に展開といった簡易ワークフロー方式を導入し、登録内容の平準化を行い、使える情報化を可能としています。使える情報を長期に蓄え営業活動の支援を行っています。

事例の詳細資料は以下よりダウンロードできます。
興味がある方は是非ご利用ください。
(個人情報の登録が必要です)
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トランスネットの関連情報

株式会社トランスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]