編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コールセンターシステムを低価格で導入できる『CBAクラウドコールセンター』。利用料が最大で半額になるキャンペーンを実施

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー

2014-10-06 17:00

「CBAクラウドコールセンター」はACD, IVR, 通話録音といったコールセンターに必須の機能をそなつつ、安価なコストで導入できるコールセンターシステムです。2014年10月31日までのキャンペーン期間中にご注文頂いた場合には、月額利用料が最大で半額になります
コールセンターやオフィスのテレフォニーシステムの開発・構築・運営を手掛ける株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー(本社:神奈川県横須賀市、代表取締役社長:柴山浩)は、クラウドコールセンターシステム「CBAクラウドコールセンター」の利用料が最大で半額になる割引きキャンペーンを、2014年10月31日まで実施いたします。

「CBAクラウドコールセンター」は、
・コールセンター機能を低コストで、メンテナンスコストも省きたい
・増席などの拡張が柔軟にできるシステムを使いたい
・海外を含めた拠点間の内線化をしたい

といったニーズに応えるコールセンターシステムです。ACD, IVR, 通話録音といったコールセンターに必須の機能を備えながら、安価なコストで導入できます。例えば、同時10通話までをサポートする「プラン10」を20席で利用する場合、1席あたり1,900円/月で利用できます。2014年10月31日までにご注文頂いた場合には、月額利用料が最大で半額になります。

豊富なコールセンター機能に加え、ユーザーが自分で管理できるのでメンテナンスコストも下げることができます。急に増席が必要になった場合も、ユーザーが自分でweb管理画面から簡単に行えます。使っているうちに高度なレポート、プレゼンス管理など、機能を追加したいことも出てきます。そういった場合でも、柔軟な拡張が可能です。

インターネット接続によってPC/スマートフォンを内線化でき、どこにいてもコールセンターにいるのと変わらない運用&通話料金が実現します。海外拠点から国内のお客さまに国際料金を気にせず電話ができます。「台風や雪などの影響で交通機関がマヒ 」「インフルエンザの流行で出社が難しい」といった場合に、自宅でお客様対応をすることもできます。

「CBAクラウドコールセンター」は席数やユーザー単位での課金ではなく、コールセンターシステムごとの課金になっており、増席してもそのままの金額でご利用になれます。料金プランや詳細は、弊社ホームページをご覧ください。

(リンク »)

【会社概要】
会社名:株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
代表者:柴山 浩(しばやま ひろし)
設立:2006年5月
所在地:〒239-0847 神奈川県横須賀市光の丘8-3 YRP313
TEL:046-821-3362
FAX:046-821-3306
業務内容:システム開発・運用、音声ソリューション製品の販売・サポートなど
URL: (リンク »)

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
担当者:水谷 幸太(みずたに こうた)
TEL:046-821-3362
MAIL: sales@cba-japan.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]