編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

『CEATEC JAPAN 2014』開幕! 次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault」が出展

NSM Initiatives LLC

From: Digital PR Platform

2014-10-07 19:16


最先端IT・エレクトロニクス総合展の「CEATEC JAPAN 2014」が、千葉市の幕張メッセで10月11日(土)まで開催されている。

今回のCEATEC「SeeQVault(シーキューボルト)」のブースには大勢の来場者が訪れていた。

「SeeQVault」とは、パナソニック、サムスン、ソニー、東芝の4社が開発した【様々な対応機器での再生互換性】と【強固なセキュリティ】を同時に実現する次世代コンテンツ保護技術。

この「SeeQVault」の技術により、強化されたセキュリティ環境の下、様々な対応機器で放送コンテンツを共有することができる互換性の高いデジタル環境が実現する。更にコンテンツをHD画質で楽しむことができる。そのため「SeeQVault」対応製品の普及により、機器に縛られることなく自由にHDコンテンツを持ち歩くことが可能になる。

今年は、全16社によるブースを出展。すでに発売されている製品だけではなく、今後発売予定の「SeeQVault」対応液晶テレビやブルーレイディスクレコーダー、HDDなど数多くの機器の展示、デモが行われ、「SeeQVault」の広がりを身近に感じ、新たな放送録画の世界が体験できるブースで、来場者から多くの注目を集めていた。

なお、「SeeQVault」は、2013年1月に米国で設立されたNSM Initiatives LLCが2013年2月よりライセンス提供を開始している。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]