編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ポータルサイト「goo」、ウェアラブル端末向け開発を強化~Google Glass向けサービスの実証実験を開始~

NTTレゾナント株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2014-10-15 11:08

2014年10月15日

NTTレゾナント株式会社

ポータルサイト「goo」、
ウェアラブル端末向け開発を強化
~Google Glass向けサービスの実証実験を開始~

 ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、NTTレゾナント)は、「goo」が持つコンテンツや技術を活用し、ウェアラブル端末向け開発を強化します。第一弾として、Google Glass向けニュース配信サービス(Glassware)を開発し、実証実験に着手いたしました。

1.背景
 ウェアラブルデバイスは常に携帯し着用できる便利さがある一方で、サービスを使うために必要な情報の入出力方法には制約があります。NTTレゾナントは、近い将来の普及を見据えて、gooやNTTグループが持つコンテンツや音声・画像認識(検索)技術や位置情報レコメンド技術、センサー技術などを活用し、入出力インターフェースのユーザー利便性をより高めるウェアラブルデバイス向け開発を強化します。これにより、ユーザーの行動を支援する”おもてなし”サービスの実現を図ってまいります。

2.サービスイメージ
 ウェアラブルデバイス向け開発強化の第一弾として、日本発売間近といわれている「Google Glass」向けニュースのトピックスを配信するGlasswareを開発し、実証実験を開始します。このGlasswareでは、gooニュースで配信している最新トピックスを10分おきに自動的にチェックし、1本ずつGoogle GlassのTimelineCardに差し込み時系列に表示します。ユーザーは、耳掛け部分に装着されているタッチパッド操作のみで、最新のニュースを読むことができます。
 このGlasswareは、日本国内でのGoogle Glass発売のタイミングを見据え実用化に向けたチューニングを進めていく予定です。
※掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

3.今後について
 「goo」では、インターネット黎明期から先駆者としてインターネットサービスを開発・運営してまいりました。これまでのノウハウや知見を活かし、今後、お客様の要望に応えながら、さらにサービス開発を行ってまいります。今後も驚きを創造する技術力で一歩先の未来を提供する企業として邁進いたします。


以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]