編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

早稲田大学のオフィシャルサイトと法学学術院のサイトがリニューアル

早稲田大学

From: 共同通信PRワイヤー

2014-11-05 10:30

2014-11-05

早稲田大学広報室広報課

早稲田大学のオフィシャルサイトと法学学術院のサイトを、リニューアルしました

2032年の創立150周年記念プロジェクト「Waseda Vision 150」のスローガンである“アジアのリーディングユニバーシティ”を念頭に、グローバル化戦略の一環として、早稲田大学本学サイトおよび法学学術院サイトを、全面的にリニューアルしました。世界の他大学とも一線を画す“最新のグローバルサイト”を目指した、革新的なデザインテーマと共通化されたシステムが、その大きな特徴です。

■Webリニューアル

国内外の大学と一線を画す、グローバルサイトへ

国内大学のWebサイトの主流であった“文字中心”の情報伝達から、写真や動画、ピクトグラムなど、視覚に訴える要素を効果的に配した構成に一新。深い情報伝達はもちろん、言語に依存しないノンバーバルコミュニケーションを実現することで、アジアを牽引する大学としての姿勢を伝えていきます。

■早稲田イメージの統一

これまで各学部・研究機関ごとに異なるデザイン・異なるサイト構造であったことが、利用者の混乱とメンテナンスコストの肥大化をもたらしていたことを反省材料として、全学的に統一されたデザイン、インターフェースおよびサイト構造で制作。国内外のユーザーが、早稲田大学全体を“1つのブランド”として認識できるよう、大規模な再編成を行いました。各学部・研究機関の特色を生かしつつ、どのサイトを閲覧しても“早稲田大学としての統一感”を印象づけることができます。

■情報発信を促すプラットフォーム

デザインの統一だけでなく、機能面での共通化も実現しました。迅速かつ効率的に情報発信ができるよう、早稲田大学の各組織から日々生産される膨大な量の情報を動的に集約し、ニュース通信システムをはじめとする、更新性に配慮されたシステムを構築。単なる情報発信に留まらず、研究活動、学生の活躍、学部ごとの特色、イベント情報など、早稲田大学の各組織の持つ多様さを表現できる、言わば大学の“WEBメディア(オウンドメディア)”を創出しました。 本プロジェクトは、一時的な広報活動ではなく、「Waseda Vision 150」を見据えた長期計画として、今後も早稲田大学としての総合的な認知拡大を目指し、全学共通デザインで約80箇所のサイトをリニューアルしてゆく計画です。

【リンク】
早稲田大学サイト (リンク »)
早稲田大学法学学術院サイト   (リンク »)
ニュースリリース(仕様説明含む) (リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]