編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

一正蒲鉾子会社の一正農業科技(常州)が常州ハイテク地区で事業開始

常州国家ハイテク産業開発区

From: 共同通信PRワイヤー

2014-11-10 16:50

一正蒲鉾子会社の一正農業科技(常州)が常州ハイテク地区で事業開始

AsiaNet 58583(1257)

【常州(中国・江蘇省)2013年11月10日PRN=共同JBN】日本の一正蒲鉾株式会社(本社・新潟)の全額出資子会社である一正農業科技(常州)は、常州国家ハイテク産業開発区(CND)で10月23日正式に事業を開始した。一正農業科技は3600万ドルの投資を受け、養液栽培有機糸状菌とキノコ類の産業生産を専業とする。

一正蒲鉾は主として日本の鍋物やおでんの材料に加える糸状菌やキノコの生産している上場企業であり、農林水産相賞や地域推薦金賞を含めて、国内市場で多くの賞を受賞している。一正蒲鉾は中国を視察旅行した後、健康食品に対する需要増に対応するため、中国で初の事業を立ち上げる候補地として常州を選んだ。

日本の鍋物は純粋なだし汁と薬草成分で作られる伝統的な日本の美味な鍋料理である。鍋料理はすき焼き、海鮮鍋 、山岳地帯だけに成長する材料を使う3種の鍋物がある。おでんはいつでもスープを使って簡単に調理できる。

CNDは世界中のメーカーから大きな関心を受けている常州の重要な先進製造施設として、小松製作所、ブリヂストン、丸紅、日立、富士通、三菱重工、富士重工、デンソーなど40社以上が中国拠点の製造施設向けの所在地としてこのハイテク産業地区を選んでいる。

ソース:Changzhou National Hi-Tech District

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]