編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

第4回石炭投資促進セミナー「各産炭国における石炭政策・開発のゆくえ」を開催

JOGMEC

From: Digital PR Platform

2014-11-14 18:00


 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、11月12日、本部において、海外産炭国の石炭政策と開発状況等に関する最新調査情報を提供・報告する「第4回石炭投資促進セミナー」を開催しました。

 JOGMECは、これまで産炭国主要政府機関の要人や石炭開発企業の役員等を招き、主要産炭国の石炭開発状況や石炭政策の動向等について講演等を通じ情報提供等を行う石炭投資促進セミナーを開催してきました。今回は民間企業の投資促進を図ることを目的とし、「各産炭国における石炭政策・開発のゆくえ」というテーマによりセミナーを実施しました。セミナーにおいては、重要な産炭国である豪州、インドネシア、カナダについて、政府機関幹部、石炭開発状況に豊富な知見を有するコンサルタントを招聘し、またJOGMECからはジャカルタ事務所副所長が講演を行い、質疑応答や情報交換がなされました。

 本セミナーには経済産業省資源エネルギー庁、豪州クィーンズランド州政府、ロシア大使館の他、資源エネルギー関連会社、鉄鋼会社、電力会社、商社、報道関係者等、総勢90名の石炭事業関係者が参加する盛大な報告会となりました。インドネシア鉱物石炭総局のバンバン石炭事業管理局長の講演では「石炭鉱区の契約・ライセンスの動向」「低品位炭の活用に関わる規制やインセンティブ」等について質疑応答が行われました。

 JOGMECは今後もセミナー・調査等の実施により、民間企業等に有益な情報等を提供したいと考えています。 また、11月27日(木)には豪州クィーンズランド州政府と共催で豪州インフラ会社Aurizon社のManaging Director & CEO、Mr. Lance Hockridgeを招き、民間企業等の関心の高い輸送インフラ等をテーマとした「第5回石炭投資促進セミナー」の開催を予定しております。

 石炭資源開発に係る最新情報につきましてはJOGMEC石炭開発部HPをご覧いただくか、メールマガジン「JOGMEC石炭通信」にご登録ください。
 JOGMECは今後とも、皆様からのご要望、ご意見等を踏まえ、情報提供の強化を含めた開発支援ツールをより一層充実していきたいと考えております。
          
             
→全文を読む
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]