編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Rubyコラム「Dig Ruby!」の第二回「Benchmark」が公開

株式会社トランスネット

2014-11-19 08:00

RubyにつよいWEB開発会社であるトランスネット株式会社はRubyコラム「Dig Ruby!」の第二回「Benchmark」を公開しました。
###
先日開催されましたRubyKaigi2014で"The Ruby Challenge"というプレゼンテーションがありました。

The Ruby Challenge: (リンク »)


「画面に並んだ二つのコードのうち、より速い方を当ててTシャツを貰おう!」といった内容で、会場は大いに盛り上がり非常に印象深いプレゼンテーションのひとつでした。

さて、実際の開発においても「どちらの書き方の方が速いのだろう...」といった局面にあたることは多々あります。
「どちらが速いか」確実に確認する方法、それは言うまでも無く測ることです。

ということでRubyコラムDig Ruby! 第2回目は、Rubyで書かれたコードの実行速度を計測する方法の基本中の基本、"Benchmark"ライブラリをご紹介します。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]