編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

ハイセンスがULED2を市場投入 量子ドット技術を採用

ハイセンス

From: 共同通信PRワイヤー

2015-01-13 14:45

ハイセンスがULED2を市場投入 量子ドット技術を採用

AsiaNet 59169 (0056)

【青島(中国)2015年1月12日PRN=共同通信JBN】優れた色域、大きなダイナミックレンジ、高精細、高FPSなど製品の優位性で知られるハイセンス(Hisense)のULEDテレビは市場に登場して以来、消費者の間で人気が高まっている。近く発表される第2世代製品もCES 2015に登場した。

第2世代製品がこれまでの製品と比較して多数の新機能を備えていることを対比デモで直接見ることができる。まずULED2はコントラストとピーク輝度をいっそう高めている。2番目には量子ドット技術が採用されたことである。この技術は3Mと共同開発され、対比デモでも優れた色彩効果を発揮する。3番目には画像処理アルゴリズム技術が向上し、より精細で円滑なスクリーン効果を達成した。最後に、外観ではULED2は4Kであり、業界最小の曲面半径を採用し、業界でも最も画面に集中することができる。

今回のアップグレードによって、ハイセンスのULED2は従来のLEDテレビのコントラスト比1000 -1から800万-1まで高め、カラーレンジを100%NTSCまでに広げたことで、カラーレンダリングが極めて優れたものになった。

この新製品は春節のあとに市場に登場する。

Photo - (リンク »)

ソース:Hisense

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    アンケート調査で分かった日本企業のIT活用課題、迫りくる「2025年の崖」克服の救世主とは?

  2. 経営

    セールスエクスペリエンスを向上させる鍵「パイプライン管理と予測」を知る

  3. セキュリティ

    3つの側面に注目! 安全なテレワークを実現するセキュリティの勘どころ

  4. クラウドコンピューティング

    データドリブン企業がこぞって採用する「クラウド向けに構築された唯一のDWH」

  5. セキュリティ

    「我が社のシステムはどのくらい安全なのか」と役員に問われたら?--「リスクベースの脆弱性管理」の基本

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]