編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「銀座ろくさん亭 今夜は料亭の味」3種類 『和風回鍋肉/カレー肉じゃが/なすの和風味噌炒め』

大塚食品株式会社

From: Digital PR Platform

2015-02-10 11:00


大塚食品株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:戸部貞信)は、高級和食「銀座ろくさん亭」シリーズの新アイテムとして、食材を加えて炒め、煮込むだけで本格的な一皿がつくれる和風そうざいの素『銀座ろくさん亭 今夜は料亭の味 和風回鍋肉』、『銀座ろくさん亭 今夜は料亭の味 カレー肉じゃが』、『銀座ろくさん亭 今夜は料亭の味 なすの和風味噌炒め』を2月16日(月)から全国で販売します。

「銀座ろくさん亭」は、“和の鉄人”として名の高い料理人・道場六三郎氏監修のもと「料亭の味を、ご家庭で。」をコンセプトとした和食ごはんシリーズです。2004年の発売以来、高級新和食として幅広い層からご支持をいただいています。

今回発売する『銀座ろくさん亭 今夜は料亭の味』は、「もっと和食を手軽に家庭で食べたい」という多くのお客様の声にお応えするため、身近な食材を加えて炒め、煮込むだけで「銀座ろくさん亭」ならではのこだわりの一品が簡単につくれる、シリーズ初となる和風そうざいの素です。いずれも、化学調味料無添加で、“こだわりのソース”に料理をおいしく仕上げる“調味料”が別袋で付いています。

『銀座ろくさん亭 今夜は料亭の味』シリーズ の『和風回鍋肉』は、甘みのある米みそと香り高い麦みそを使用し、仕上げに別袋の風味豊かな京彩味七味唐辛子を振りかけることで、さらにコクを引き立てます。『カレー肉じゃが』は、日本三大魚醤である能登の「いしる」の熟成された香りと奥深い味わいがうま味をだし、仕上げに別袋の特製カレー粉を振りかけることで、とても風味豊かな一品に仕上がります。『なすの和風味噌炒め』は、コク深い信州みそと香り豊かな麦みそを使用し、仕上げに別袋の国産金ごまを加えることで、香ばしい香りが食欲をそそります。

大塚食品株式会社は、シリーズ初となる和風そうざいの素の発売により、さらなる和食のおいしさを伝えていきたいと考えています。


【商品特長】

身近な食材を加えて炒め、煮込むだけでつくることができる化学調味料無添加の“和風そうざいの素”です。フライパンひとつで簡単・便利に調理ができます。

・『銀座ろくさん亭 今夜は料亭の味 和風回鍋肉』
甘みのある米みそと香り高い麦みそが織りなす深いコク。京彩味七味唐辛子付き。

・『銀座ろくさん亭 今夜は料亭の味 カレー肉じゃが』
能登の魚醤「いしる」の熟成された香りと奥深いうまさ。特製カレー粉付き。

・『銀座ろくさん亭 今夜は料亭の味 なすの和風味噌炒め』
コク深い信州みそと香り豊かな麦みそが響き合う味わい。国産金ごま付き。


【商品概要】

■商品名: 『銀座ろくさん亭 今夜は料亭の味 和風回鍋肉』
『銀座ろくさん亭 今夜は料亭の味 カレー肉じゃが』
『銀座ろくさん亭 今夜は料亭の味 なすの和風味噌炒め』

■内容量: 各2人前(和風回鍋肉76g/カレー肉じゃが79g/ なすの和風味噌炒め77g)

■希望小売価格: 各250円(税別)

■発売日: 2015年2月16日(月)

■販売エリア: 全国

■販売チャネル: 量販店、コンビニエンスストア、一般小売店、ドラッグストア 等
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]