Ziptronix、先進画像センサーアプリケーション用のDBI(R)ハイブリッド接合特許をソニーにライセンス許諾

JCN 2015年03月23日

From JCN Newswire


Research Triangle Park, NC, Mar 23, 2015 - ( JCN Newswire ) - 3D集積用特許取得済み低温直接接合技術の開発会社でプロバイダーのZiptronix Inc.は、先進画像センサーアプリケーション用の特許ライセンス契約を、ソニー株式会社と結んだことを、本日発表しました。この契約により、Ziptronixの大容量アプリケーション用ハイブリッド接合特許の採用はさらに進みます。

Ziptronixの社長兼CEOのDan Donabedianは、「今回のソニーとのライセンス契約は、Ziptronixにとって重要な第一歩です。なぜなら、この契約により、弊社の特許取得済みDBIハイブリッド接合技術が、大容量アプリケーション用に製造可能で、メリットがあることに疑念がなくなったからです。弊社の特許取得済みハイブリッド接合技術は、TSVによるスタッキングと比較して、イネーブリングに優れ、コスト効率が高いと考えています。ZiptronixのZiBond直接接合特許のライセンスは、2011年にソニーに供与されました。弊社ではこれにより、ソニーの画像センサーの市場シェアが、数%から業界第1位まで成長したと見ています。今回、ZiptronixのDBIハイブリッド接合特許の新規ライセンス供与により、ソニーの業界内での更なる成長に貢献できるでしょう。この分野で競争力を高めたい企業には、ZiptronixのDBIハイブリッド接合特許が必要となるでしょう。」と、述べました。

Ziptronixについて

低温直接接合技術の開発のパイオニアであるZiptronixは、ウェーハー、またはダイレベルの接合のための特許取得済み技術を提供しています。ZiBond(R)直接接合及びDBI(R)ハイブリッド接合技術は、業界で最も拡張性が高く、製造が容易で、総所有コストの低い3Dスタッキングソリューションです。同社の知的財産のライセンスは、BSIセンサー、RFフロントエンド、ピコプロジェクタ、メモリ、3D集積回路など、様々な半導体機器用に供与されています。同社はRTI Internationalのスピンオフ企業として、2000年にベンチャー資本の支援で設立され、米国特許45件及び国際特許42件を取得し、米国特許及び国際特許合わせて18件を申請中です。www.ziptronix.com

お問合せ先情報

Ziptronixお問い合わせ先:
Kathy Cook
事業開発部長
+1-919-459-2425
k.cook@ziptronix.com

Chris Sanders
事業開発部長
+1-919-459-2444
c.sanders@ziptronix.com

メディアお問い合わせ先:
Amy Smith
Impress Labs
+1-401-369-9266
amy@impresslabs.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]