Foreign key support – Ruby on Rails 4.2.0

ヒューマンリソシア株式会社 2015年05月22日

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Foreign key support – Ruby on Rails 4.2.0」を公開しました。

###

こんにちは、トランスネットの泉です。

2014年12月19日、Ruby on Rails 4.2.0がリリースされました。
皆さんはもう試されましたでしょうか。

公式BlogやRelease Notesにありますように、幾つかの気になるアップデートが取り込まれています。



Active Job
Asynchronous mails
Adequate Record
Web Console
Foreign key support


enjoy Railsway第4回は、この新しい RoRリリースについて気になった点、そして「Foreign key support」を
ご紹介します。


rails new

新しくRailsアプリケーションを作る手順に変更はなく、従来通りrails newコマンドを実行します。


rails server

従来通りデータベースを設定、マイグレーションを実行し、従来通りrails serverコマンドで開発用のサーバを起動できます。



…繋がらない!?

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]