Ruby1.8.7からのバージョンアップ

ヒューマンリソシア株式会社 2015年05月22日

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Ruby1.8.7からのバージョンアップ」を公開しました。

###

2013年5月30日(木)から6月1日(土)までの3日間、東京国際交流館で開催された「RubyKaigi2013」。
2011年に一度終了した「日本Ruby会議」が、より国際的な「Kaigi」としてrebootされました(*1)。
実際の様子はUstreamにて視聴可能ですので、ご興味がある方は是非ご覧ください(*2)。



さて今回はRuby1.8.7からのバージョンアップを取り上げます。
前述のRubykaigiでは「Ruby1.8.7」と題された追悼セッションも行われましたが(*3)、
2013年6月を持ってRuby1.8.7の全てのサポートが終了します(*4)。
セキュリティフィックスも行われないため、1.9もしくは2.0にバージョンアップすることが強く推奨されます。

弊社でも先日1.8.7のRailsアプリケーションを1.9.3にバージョンアップしましたので、
その時の対応内容をご紹介いたします

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]