編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Standard PHP Library(SPL) SplFileObjectクラス編 その2

ヒューマンリソシア株式会社

2015-07-10 09:00

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Standard PHP Library(SPL) SplFileObjectクラス編 その2」を公開しました。
###

前回に引き続きSplFileObjectクラスです。
前回は「こーゆーモンだよ」を、ファイル関数と対比するような感じで見ていただきましたが、
今回は「ファイル関数とは対比がしにくいもの」を見ていきたいと思います。

まずは、これ。

$file_obj = new SplFileObject(ファイル名);
$awk = [];
//$awk = array(); // 古いバージョンのPHPの場合はこちらで
foreach($file_obj as $line) {
$awk[] = $line;
}
var_dump($awk);

foreachによるぶん回し、ですね。
SplFileObject はIterator インタフェースを継承しているために、foreachが使えるようになります。
foreachがどんどんどんどん汎用的になっていきますが、知っていれば結構便利ですね。
iterator(イテレータ)について失念をしてしまった方は、コラム10 イテレータ編あたりからを一度読み返していただくとよいかもしれません。

keyメソッドというのがありまして、SplFileObjectクラスのkeyメソッドは「現在の行番号を取得」できます。
ちょっとコードを見てみましょう。

$file_obj = new SplFileObject(ファイル名);
$awk = [];
//$awk = array(); // 古いバージョンのPHPの場合はこちらで
foreach($file_obj as $line) {
$awk[] = ‘line ‘ . $file_obj->key() . ‘: ‘ . $line;
}
var_dump($awk);

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]