関数仕様編 その15 (匿名関数と無名関数 その5)

ヒューマンリソシア株式会社 2015年09月18日

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「関数仕様編 その15 (匿名関数と無名関数 その5)」を公開しました。

###

無名関数の、濃いあたりの続きになります。

まずは「実際の、(レキシカルスコープを持つ)クロージャ」の用途、のお話です。
JavaScriptですと、よく、以下の例が出ています。

function counter() {
var c = 0;
return function() {
c ++;
console.log(c);
};
}
//
c_func = counter();
//
c_func();
c_func();
c_func();

JavaScriptの場合、変数へのstatic修飾子、という概念が存在しないので、
このクロージャ(というかレキシカルスコープとスコープチェーン)がとても便利に使えます。
上述と同様のコードをPHPで書くと以下のように書く事ができます。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヒューマンリソシア株式会社の関連情報

ヒューマンリソシア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]