名前空間について

ヒューマンリソシア株式会社 2015年11月02日

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「名前空間について」を公開しました

###

PHPer上級者になるために知っておきたいこと
vol.66 ‐ 『名前空間について』
投稿日時:2015/02/09 10:02

カテゴリ: PHPer上級者になるために知っておきたいこと


今回から、装いも新たに「名前空間」についてお話を進めて行きたいと思います。
「名前空間(namespace)」について、まずは概念を簡単におさらいをしておきましょう。


本来的には「集合を分割する事でクラス名とかがぶつからない(衝突しない)ようにする」ための概念、
が、名前空間になります。

例えば、クラス名ないし関数名で、


・sort
・log
・schedule
・db_connect(またはdbConnect /DbConnect)


なんてあたりは、割とあちこちで使われやすく、結構バッティングする事も多かったりします。
特に、共通ライブラリとかフレームワークとかフレームワークとか
(筆者も、自作のフレームワークでその手の衝突を何度経験した事か…)。


そういった時に。
例えばC言語なんかですと「相応に長い名前」を付けていったのですが、
名前空間の仕組みをもつ言語の場合「それぞれに別の名前空間」をあてておけば、
「名前空間の中で」ユニークならよいので、割と衝突が防げるんですね。
また逆に名前空間がないと。書いた通り「衝突を避ける為には相応に長い名前を付ける必要がある」ので、
結果的に「そのクラス(や関数)を使うときに、毎回、相応に長い名前をタイプする必要がある」という状況があり。
それを避けたい、という意図もあるんですね。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヒューマンリソシア株式会社の関連情報

ヒューマンリソシア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]