Rails 5.0の変更点(仮)

ヒューマンリソシア株式会社 2015年07月17日

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「 Rails 5.0の変更点(仮)」を公開しました。

###

Ruby on Rails最大級の公式カンファレンスであるRailsConfを4月末に控え、Railsのメジャーバージョンアップの
発表もそろそろではないかと噂されています。現時点で明らかにされているバージョンアップの変更のうち、
特筆すべきものをまとめてみました。

・rakeコマンドが不要に
Rails 5以降は、これまでrakeコマンドで呼び出していたコマンドを、railsコマンドで呼び出せるようになります。
たとえば、従来の「rake db:migrate」には「rails db:migrate」を使えるようになります。

実はrakeコマンドとrailsコマンドの使い分けに論理的な理由がなかったため、この変更によりコマンドが
覚えやすくなりました。

参考 (リンク »)



・rakeコマンドでのアプリ再起動
Rails アプリケーションを再起動するためには、tmp/restart.txt というファイルを設置し、「touch tmp/restart.txt」というコマンドを打つ必要がありましたが、Rails 5以降では、「rake restart」コマンドでアプリの再起動ができるようになりました。

参考 (リンク »)

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヒューマンリソシア株式会社の関連情報

ヒューマンリソシア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]