MediaMath、マーケティングテクノロジーとアドテクノロジー間の ギャップを解消

Mediamath, Inc 2015年09月18日

From DreamNews

デジタルマーケター向けTerminalOneMarketing Operating SystemTMの開発企業であるMediaMathは、Oracle Marketing Cloudとの連携を本日発表しました。当社は、この連携を通して、ペイドおよびオウンドメディアを強力に結び付けることで、B2BおよびB2Cマーケターがエンゲージメントを強化できるようサポートします

MediaMathのOracle Marketing Cloud向け TerminalOneは、Oracle Marketing Cloudのユーザーインターフェース内に配備されるアプリケーションです。マーケターは、ペイドメディアチャネル全般にわたって、パワフルなリターゲティング戦術を活用することで、電子メールメッセージの拡張と連携が可能になります。さらに、マーケターは、ペイドチャネル全体で電子メールベースのオーティエンスをアクティブにすることで、より実践的な顧客プロファイルを構築することができます。

MediaMath のグローバルパートナーシップおよびビジネス開発担当副社長であるクリス・ヴィクトリーは、次のように述べています。「Orableとの協力により、我々はパワフルかつ補完的なアドテクノロジーとマーケティングテクノロジーを統合させ、マーケターにとってオーディエンスターゲティングに必要な、完全なエンドツーエンドのインフラストラクチャを提供することで、認知、関心、購入、リテンション、さらにはその先に至るまで、カスタマージャーニーのあらゆるステージでマーケターをサポートします。Oracle Marketing Cloud向けMediaMathアプリは、ペイドメディアやオウンドメディアの世界を連携・融合させるという我々の計画の氷山の一角に過ぎません」

Oracle Marketing Cloud向けMediaMathアプリは、信頼できるビジネスアプリケーションを求めるOracleユーザーとOracleクラウドアプリケーションを拡張するソリューションなど独自のビジネスソリューションを提供するサービスプロバイダーのためのワンストップショップ、Oracle Cloud Marketplaceで購入することができます。

Oracle Marketing Cloud は、最高マーケティング責任者(CMO)とそのチームにデータ主導型のソリューションを提供することで、マーケティングリソースを簡素化し、あらゆるチャネルにわたって顧客を惹き付け、顧客定着率の改善を実現すると共に、パーソナル化された顧客中心のエクスペリエンスを実現しています。これらの最新マーケティングソリューションは、1つのシステムにデータを蓄積しているB2BおよびB2Cマーケターのために、クロスチャネル、コンテンツ、およびソーシャルマーケティングを、データ管理・活用に結び付けます。

報道関係問い合わせ先

GingerMay PR (www.gingermaypr.com)
hazel.johnstone@gingermaypr.com, Tel: +44 (0)203 642 1124

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]