若手研究者が歯周病などの炎症性疾患の新規治療ターゲットを発見

国立大学法人新潟大学 2015年10月19日

From 共同通信PRワイヤー

2015/10/19

国立大学法人新潟大学

若手研究者が歯周病などの炎症性疾患の新規治療ターゲットを発見

新潟大学歯学部では,口腔に関するこれら諸課題を解決する「ミッションの再定義」を掲げ,高度口腔機能教育研究センター(センター長・学部長 前田健康 教授)を設立しました。同センターを枢軸に据え,優れた若手が独自のアイデアで研究できる組織改革を実施し,その初めての成果として,前川知樹 助教が米国ペンシルベニア大学Hajishengallis George教授,独国ドレスデン工科大学Chavakis Triantafyllos教授との日欧米国際共同研究を行い,Del-1が炎症反応を抑制するメカニズムと歯周病モデルにおけるDel-1の骨破壊への影響を明らかにしました。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]