広島国際大学が中国の代表的リハビリ研究機関と学術交流にかかる協定を締結 -- 総合リハビリテーション学部が人材育成や研究で交流へ

広島国際大学 2015年11月06日

From Digital PR Platform


広島国際大学総合リハビリテーション学部(広島県東広島市)と中国リハビリテーション研究センターおよび首都医科大学リハビリテーション医学院は10月29日、2012年度から続く留学プログラムの充実化とそれに伴う教育・学術面での相互交流を目的に協力協定を締結した。


 北京にある中国リハビリテーション研究センターは、病床数1,200を超える中国唯一の国立の臨床研究施設。日本の教育機関と協定を結ぶのは2番目となる。首都医科大学は北京市が設立、50年以上の歴史を持ち、高い研究実績が評価されている。そのうちリハビリテーション医学院は中国リハビリテーション研究センターに隣接し、学生数195人に臨床教員数180人と手厚い臨床教育を行っている。

 同大学は2012年度から中国リハビリテーション研究センターへの留学プログラムをはじめ、首都医科大学リハビリテーション医学院との交流などを進めており、この度の協定締結により、さらに活発な相互交流が実現する。

▼本件に関する問い合わせ先
 広島国際大学広報室(担当:坂井・中神)
 TEL: 0823-27-3102

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]