Rails海外コラム「Rails5 改善されるdevelopmentモード」

株式会社トランスネット 2015年11月18日

Ruby開発に強いトランスネットがRails海外コラム「Rails5 改善されるdevelopmentモード」(野田貴子氏執筆)を公開しました。

###
Ruby on Railsの公式ブログ記事『Snappier Development Mode in Rails 5( (リンク ») )』にて、Rails 5で改善されるdevelopmentモードについて紹介されていました。

この改善には、先日行われたGoogle Summer of Codeでのプロジェクトが貢献したようです。このような事例を見ると、オープンソースであるRuby on Railsの利点を感じることができますね。

<この続きの日本語訳は以下をご覧ください>
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トランスネットの関連情報

株式会社トランスネット

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]