「脆弱性」について理解しよう

ヒューマンリソシア株式会社 2016年02月19日

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「「脆弱性」について理解しよう」を公開しました。

###

こんにちは、デジタルサポート大喜多です。
今回はセキュリティを理解するうえで欠かせない「脆弱性」についてのお話です。

脆弱性ハンドブック

情報システムにおけるプログラムや設定上の問題に起因する弱点のことを「脆弱性」と呼びます。
悪意を持った攻撃者はこのような弱点を突いて情報システムの乗っ取り・データの盗み出しなどの行為を行います。
脆弱性を放置しておくと、攻撃者が乗っ取った情報システムを利用して他社の情報システムを攻撃するなど
(これを「踏み台」と呼びます)被害者でありながら加害者になるリスクも発生します。

脆弱性に対する基本的な理解・トラブル事例については本書の2章に詳しく書かれています。また、インターネット上に公開されているシステムの脆弱性対策については3章に詳しく書かれています。ここでは2章と3章の内容から、脆弱性対策について考えてみましょう。

2章では、
・開発時点では脅威に対して適切な処理がなされ安全性が高い
・時間が経つと脅威が変化するためそのままでは安全性を維持できない
として、継続的メンテナンスの重要性を指摘しています。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヒューマンリソシア株式会社の関連情報

ヒューマンリソシア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]