Solar-Tecticが有機/非有機ハイブリッド薄膜成長技術で米特許取得

Solar-Tectic LLC 2016年02月23日

From 共同通信PRワイヤー

Solar-Tecticが有機/非有機ハイブリッド薄膜成長技術で米特許取得

AsiaNet 63457(0198)

【ブライアクリフマナー(米ニューヨーク州)2016年2月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*この特許はU.S. Medal of Technology and Innovation(米国家技術イノベーション賞)を受賞した故プラビーン・チョウドリ博士が発明した技術に基づくもので、薄膜ソーラーセル、OLEDを含む幅広い電子アプリケーション向けテクノロジーをカバー

Solar-Tectic LLC(ST)は23日、米特許商標庁(USPTO)が曲げやすく通常硬度のソーダライムガラスなど安価な基板上に有機/非有機ハイブリッド薄膜成長を施す技術に特許を交付したと発表した。この技術はアショック・チョウドリ氏が発明したもので、1995年のU.S. Medal of Technology and Innovationを授賞したプラビーン・チョウドリ博士の業績に基づいている。それはソーラーセル、ディスプレー、OLED、OLET(有機発光ダイオード&トランジスタ)など、さまざまな業界のアプリケーションに有用である。

Logo - (リンク »)

「Hybrid organic/inorganic eutectic solar cell(ハイブリッド有機/非有機共晶ソーラーセル)」とのタイトルの米特許(14/571,800)は、安価な基板上にシリコン、ゲルマニウムなどさまざまな物質から特に高品質を指向するポリマー/非有機半導体フィルムの低温蒸着を初めて可能にし、手に負えない問題を解決する独自の成長技術を開示している。

費用対効果のある薄膜成長処理は、電子ビーム、化学気相蒸着(CVD)など共通の蒸着プロセスを使う大規模工業用アプリケーションに非常によく適している。それはスマートフォン、コンピューター、テレビに使われるディスプレー向けに最適な技術である。

この技術は「第3世代光発電」のカテゴリーに分類される。

同技術の一般的問い合わせもしくはライセンスについては以下を参照するか、以下まで問い合わせを。
Carter Ledyard & Milburn LLP( (リンク ») )
(davis@clm.com )
212-238-8850

▽Solar-Tectic LLC(ST)について
Solar-Tectic LLCは薄膜のスペシャリストであり、ガラスあるいはメタルテープに単結晶もしくは高度にテクスチュアー化された半導体フィルムを成長させる特許技術の開発に主に注力している。同社はこの目的のためのテクノロジーとIPについて幅広いポートフォリオを保有している。これらすべては1995年のU.S. Medal of Technology and Innovationを授与された材料物理学者の故プラビーン・チョウドリ博士の発明に基づいている。この1年にマクマホーン氏ら(McMahon et al.)執筆による「Textured [111] crystalline silicon thin film growth on flexible glass by e-beam evaporation」( (リンク ») )を含めてR&Dの進歩に関するいくつかの論文が発表されている。

ソース:Solar-Tectic LLC

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]