イーグルライダーが日本のモーターバイク顧客向けにウェブサイトを刷新

イーグルライダー 2016年02月26日

From 共同通信PRワイヤー

イーグルライダーが日本のモーターバイク顧客向けにウェブサイトを刷新

AsiaNet 63566 (0250)

【ロサンゼルス(米カリフォルニア州)2016年2月26日PR Newswire=共同通信JBN】イーグルライダー(EagleRider)が世界の誰もが知る名称となったことで、同社の全てのウェブサイトのバージョンが全ての国の市民にとって最も使いやすく便利なものにするため、再点検が行われている。世界のモーターサイクル・旅行体験の草分けである同社は、イーグルライダーを夢体験のためのナンバーワンの選択肢にしている何百万人もの熱心な日本の男女に対するサポートを最大限に高めるため、日本語のウェブサイトが全面的に刷新されたと発表した。

Logo - (リンク »)

イーグルライダーの最高技術・製品責任者、ハル・オレイフ氏は「日本について考えるとき、思い浮かぶのは勇気と規律だ。日本人が何度も繰り返し証明しているように、彼らは勇気と不動の信念が求められるような試みを引き受け、やり遂げる用意ができている。多くの日本人がモーターサイクリングの世界に引き付けられてきたのは決して驚くべきことではない。彼らの中には、世界で最も高い技能と知識を持った多数のライダーたちがいるのが分かるだろう。彼らが心を刺激し、血を騒がせるような冒険をしたいと思ったときに当社を最初に選んでくれることは当社の誇りであり、名誉である」と語る。

新しい日本語ウェブサイトとその最高にホットなデスティネーションを以下でチェックしよう!

メーンの日本語ウェブサイト
(リンク »)

人気のデスティネーション
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

ロケーションの全リスト
(リンク »)

最も人気のあるガイド付きツアー
(リンク »)

(リンク »)

ガイド付きツアーの全リスト
(リンク »)

最も人気のあるセルフドライブ・ツアー
(リンク »)

(リンク »)

セルフドライブ・ツアーの全リスト
(リンク »)

▽イーグルライダーについて
イーグルライダー( (リンク ») )は、1992年にモーターサイクルのレンタル事業を先駆けて手掛けて以来、部門を拡張し、世界のモーターサイクリスト」や旅行者を支援し、力づけるための多様なサービスを提供し、モーターサイクル体験業界の巨人に成長した。イーグルライダーは、憧れのモーターサイクルに試乗してみたいだけの人からセルフドライブやガイド付きツアーで大冒険に出かける人まで、世界中の100カ所以上の立地条件のよい場所で、ハーレーダビッドソン(R)、インディアン(R)、ホンダ(R)、BMW(R)といった世界で愛用されるブランドのモーターサイクル、スクーター、ダートバイク、ATVを提供している。同社はまた、モーターサイクルのサービス、パーツ、アクセサリーのほか、幅広いソリューションも個人やバイクを売買しようとするディーラーに提供している。

レンタルやツアーに関する詳しい情報はウェブサイト(www.EagleRider.com )を参照。モーターバイクの売買に関心がある場合はウェブサイト(www.UsedMotorcycles.net )を参照。同社のパーツ、アクセサリーの商品情報はStore.EagleRider.com( (リンク ») )を参照。

▽問い合わせ先
Press@EagleRider.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]