G2A、エチオピア緊急救援でゲーマーに寄付を呼び掛け

G2A.com 2016年03月07日

From 共同通信PRワイヤー

G2A、エチオピア緊急救援でゲーマーに寄付を呼び掛け

AsiaNet 63685 (0296)

【ロンドン、香港、ジェシュフ(ポーランド)2016年3月7日PR Newswire=共同通信JBN】G2Aの共同創立者で最高マーケティング責任者(CMO)のダウィド・ロゼック氏は2カ月前、G2AがGaming for Goodと協力して世界中の子どもたちを助けると発表した。ロゼック氏はこう語った。「今こそ助けに立ち上がり、G2AとGaming for Good、セーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)が成果を出せると示す時だ」。G2AとGaming for Goodは「Humanitarian Emergency All-Out Response Team(HEART、人道緊急事態総力対応チーム)」( (リンク ») )を発表している。

(Photo: (リンク ») )

HEARTが発足して8週間しかたたないが、エチオピアは過去50年間で最悪の干ばつに襲われている。この大災害は地域の母親と子どもたち数百万人にとって差し迫った脅威だ。緊急に食料援助が必要なエチオピアの人々は、わずか1年間で300万人から1000万人に急増した。

ロゼック氏は「今こそ行動する時、ゲーマーの心がどれほど大きいかを発揮する時だ」と呼び掛けた。

G2Aはセーブ・ザ・チルドレンに寄付をしてこの活動を直接支えるだけでなく、G2A Pay( (リンク ») )を通じて世界中からオンラインで支払いが可能なカスタマイズ・ソリューションをGaming for Goodに提供している。G2A Payでは100以上の支払い方法があり、寄付する人はその中から支払い方法を選べる。 (リンク »)

バチール“アテネ”ブーマーズ氏は「私たちと一緒にエチオピアに資金を集める1500以上のストリーマーに参加しよう。Gaming for Good( (リンク ») )にアクセスし、ストリーマーを選んで寄付するか、自分のストリームを立ち上げて、コミュニティーを作ってもいい。どれだけ早く、どれだけ多くの子どもたちに手を差し伸べることができるかは、私たちの力にかかっている」と話した。

セーブ・ザ・チルドレンは発展途上国の子どもたちの人権を守り、子どもたちに救援やサポートを届ける国際的な非政府組織(NGO)で、エチオピア政府や他のNGO、国連機関と協力し、救助と支援を緊急に必要とするエチオピアの子どもたちに向き合っている。 (リンク »)

アベンジャーの完全リストは以下をクリック!
(リンク »)

参照: (リンク ») 、 (リンク ») 、 (リンク »)

支援を要請するアテネの動画を見るには:
(リンク »)

筆者: Jacqueline Purcell -  jpurcell@G2A.com

ソース:G2A.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]