編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

vol.20‐『自分を成長させるために、客観的な自分分析を行う方法』(最終回)

ヒューマンリソシア株式会社

2016-04-12 08:00

ヒューマンリソシアで吉政創成 代表取締役 吉政忠志氏が連載しているコラム「誰にでもできるけど、やらないキャリアステップのノウハウ」のvol.20‐『自分を成長させるために、客観的な自分分析を行う方法』(最終回)が公開されました。
###
このコラムを読まれている方は派遣スタッフの方が多いと思います。
そこで、今回は派遣の方に役立つような内容で
「自分を成長させるために、客観的な自分分析を行う方法」というタイトルで書きます。
自己成長において難しいのは連続性と物差しがないことだと考えています。

学生の頃は試験があって、何点取ればOKという感じで、客観的な物差しが常に見える状況でした。
社会人になり仕事の成果という点では、納品物や査定で成果のレベルが見えてきます。
しかし、仕事の成果と成長とは実は別もので、会社に与えられてきた仕事を100%の力で頑張るだけでは、
成長につながらないことがあります。
(もちろん、自己成長につながる場合もあります)

しかも、人生は毎日が連続して訪れて、そして過ぎ去っていきます。
その中で自分の行動を客観的に見続けるのは極めて難しいです。
日々の生活の中で与えられた仕事に全力で取り組んでいるのに、自分が成長しなかったり、評価があがらないと、
こんなに頑張っているのにどうして向上しないのかと思い、打開策が見えなくなっていくことがあります。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]