Crown Bioscienceが米国がん研究学会総会で専門知識を展示

Crown Bioscience Inc. 2016年04月13日

From 共同通信PRワイヤー

Crown Bioscienceが米国がん研究学会総会で専門知識を展示

AsiaNet 64054(0442)

【サンタクララ(米カリフォルニア州)2016年4月12日PR Newswire=共同通信JBN】Crown Bioscience International (TWSE: ticker 6554)の全額出資子会社で、腫瘍学( (リンク ») )、代謝疾患( (リンク ») )の研究を進展させるトランスレーショナル・プラットフォームを提供する世界的な医薬品発見、開発ソリューションのCrown Bioscience ( (リンク ») )は、4月16日から20日までニューオーリンズで開催される米国がん研究学会(American Association of Cancer Research、AACR)の2016年次総会( (リンク ») )のブース1736で科学的専門知識と同社の新しい姿を紹介する。

Logo - (リンク »)

CrownBioは人体生物学製剤の効能を試験するための再構築された人体免疫(MiXeno(TM)と新しい人体PD-L1発現モデル)の新しい生体内モデルの確立、薬力学と併用アプローチの評価を行うための完全な機能のあるネズミの免疫(同一遺伝子、MuPrime(R))のモデル、HuTrial(TM)症例研究と膵臓PDXモデルの研究班の設置を含む最新の科学的進展についてのデータを報告する。

10種のCrownBioの科学的ポスターの執筆者が4月17日(ポスター747)午後1時から同5時まで、4月19日(ポスター3219)午前8時から正午まで、4月19日(ポスター3994、4043)午後1時から同5時まで、4月20日(ポスター5176、5177、5179、5184、5185、5186)午前8時から正午までそれぞれのデータを報告する。

CrownBioのヘンリー・リー・トランスレーショナル腫瘍学副社長 ( (リンク ») )は「AACRでわが社の科学的専門知識を共有することは喜ばしい。わが社の科学者たちが行っている研究は世界のがん研究と前臨床腫瘍学ソリューションの有力なプロバイダーとしてのわが社の役割に対する深いコミットメントを示すと信じている」と語った。

CrownBioはAACRで新たなロゴ、ブランド名、タグラインも披露する。現在と近い将来の腫瘍学研究プロジェクトについてCrownBioの専門家と話し合い、CrownBioの新しい姿を見るためにブース1736に立ち寄るか、前もって会合の予定を( (リンク ») )。

▽Crown Bioscience Incについて
Crown Bioscience ( (リンク ») )は世界的な医薬品発見、開発ソリューションの会社で、腫瘍学( (リンク ») )と代謝疾患 ( (リンク ») )の研究を前進させるためのトランスレーショナル・プラットフォームを提供している。適切なモデルと予測力のあるツールの広範なポートフォリオによってCrown Bioscienceは優れた臨床候補をクライアントに提供できる。詳細はwww.crownbio.com へ。

ソース:Crown Bioscience Inc.

▽問い合わせ先
Federica Parisi
1-447-949995901
fparisi@crownbio.com


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]