オートモビリティーLAが新興自動車企業トップ10コンペの受け付け開始

ロサンゼルス・オートショー 2016年06月10日

From 共同通信PRワイヤー

オートモビリティーLAが新興自動車企業トップ10コンペの受け付け開始

AsiaNet 64737 (0718)

【ロサンゼルス2016年6月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*米フォーチュン誌とオートモビリティーLAが自動車業界の大手「破壊者」認定で提携

昨年のTop Ten Automotive Startups(TM)(新興自動車企業トップ10、トップテン)コンペの成功を受けて、ロサンゼルス・オートショー(LA Auto Show)のオートモビリティーLA(AutoMobility LA(TM)、 (リンク ») )は10日、最も新しく革新的な新興企業のトップテンを再び選定する計画を発表した。オートモビリティーLAは今年の新興自動車企業トップ10の応募受け付けを開始し、選抜候補者リストは自動車、輸送、モビリティー部門を形成する大きな可能性のある一番ホットな新興企業を認定する。

フォーチュンは9月号の特集で新興企業トップ10を取りあげる予定である。トップテンの最終候補は、Google、Lyft、NVIDIA、Pandora、Aeris Communications、Nokia Growth Partners、ロサンゼルス市、Local Motors、Strategy Analytics、エレクトロビット、Ellis and Associates各企業・組織の幹部で構成されるオートモビリティーLA諮問委員会が選定する。

新興企業の応募については以下参照。
(リンク »)

トップテン企業は、ビジョン、イノベーション、幅広い適用性、技術採用・成功の可能性、実行と管理、決断力、既存の顧客、パートナーと推薦人、収益の可能性、ビジネスモデル、実証製品の各基準を総合して選定される。

トップテンに選ばれた新興企業は、11月14-17日、Los Angeles Convention Centerで開催されるオートモビリティーLAを独占的に利用することが可能であり、斬新なTechnology Pavilionで紹介される。これらの企業は4500人以上の報道陣、自動車メーカー、大手技術系企業、デザイナー、デベロッパー、新興企業、投資家、ディーラー、政府当局者、アナリスト、その他を含む業界一影響力のあるソートリーダー2万人の目の前で認定される。また、
オートモビリティーLA期間中のハイライトビデオに収められ、各メディアの現地インタビューを受けることなど重要な広報チャンスにも恵まれる。

トップテン企業はオートモビリティーLAの主なネットワークイベント全てにアクセスすることが可能であり、11月17日(木)に行われるオートモビリティーLA経営陣との内輪の朝食会にも特別に招待される。

オートモビリティーLA とLAオートショーのリサ・カーズ社長兼最高経営責任者(CEO)は「自動車、テクノロジー業界は結びつきを深めつつある。コネクティビティーが自動車と人のモビリティーとの関係を全て変革している。車と技術のギャップを実際に埋める革新的な新興企業の登場を期待しており、彼らがもたらすものを楽しみにしている」と語った。

昨年のトップテン新興自動車企業はElio Motors、High Mobility、HopSkipDriveなどである。これらの企業は昨年の新興自動車企業トップ10コンペで主役を演じた後、多額の資金援助を得ている。

Elio Motorsのジェローム・バサロ販売担当副社長は「昨年、トップテン新興企業のひとつに認定されたのは、当社にとって絶好のタイミングだった。与えられた格別の機会のおかげで、われわれは新プロトタイプを世界のソートリーダー、意思決定者、メディアのオーディエンスの前で披露することができた。LAオートショーは当社が目標に一歩近づく役に立った。このモメンタムを持続したい」と語った。

2013年以来、ショーに出展した数社は多額の資金を得ている。中でも注目されたのはゼネラルモーターズのLyftに対する5億ドルの投資で、自動車メーカーと相乗りサービス業者による過去最大の提携になった。

カーズ社長は「昨年は2万4000人を超える自動車業界のプロとメディアが参加したが、今年はそれを上回る参加が見込まれており、新しいモビリティーに影響力ある人々が一堂に会することで、トップテン選定企業は類を見ないメディア露出とチャンス獲得が可能になる」と述べた。

オートモビリティーLAは、LAオートショーのコネクテッド・カー・エキスポ(CCE)とプレス&トレードデー(Press & Trade Days)を新自動車業界向けの真正トレードショーに進化させる数年の努力の頂点である。4日間のイベントは引き続き、自動車メーカー、技術企業、デザイナー、デベロッパー、新興企業、投資家、ディーラー、政府当局者、アナリストらで構成される「新モビリティー・エコシステム」全体をひとつにまとめ、輸送の将来を再定義して明らかにする。

LAオートショーとオートモビリティーLAは今後、セッション/討議テーマ、業界専門家の参加者など2016年オートショーに関する詳細を発表する。

オートモビリティーLAは2016年6月9日から7月31日まで、トップテンの応募を受け付ける。詳しい情報、および応募については以下のウェブサイトを参照。
(リンク »)
(リンク »)

▽ロサンゼルス・オートショーおよびオートモビリティーLAについて
1907年に始まったロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show(R))は、毎シーズン最初に開催される主要な北米自動車ショーである。2016年のLAオートショーのプレス&トレードデー(Press & Trade Days)はコネクテッド・カー・エキスポ(CCE)と統合されてオートモビリティーLA(AutoMobility LA(TM))になる。テクノロジーと自動車業界を収束し、輸送の将来を取り巻く喫緊の問題を討議す業界初の本格的なトレードショーである。2016年のオートモビリティーLAは11月14日から17日までLos Angeles Convention Centerで開催され、併せてメーカーの新車も披露される。LAオートショーは11月18日から27日まで一般公開される。オートモビリティーLAは新興自動車企業がビジネスを行い、画期的な製品を公開し、世界中から集まるメディアの前で戦略を発表する場でもある。LAオートショーはロサンゼルス大都市圏(Greater L.A.)New Car Dealer Associationの後援を得てANSA Productionsが運営する。

最新のショー関連ニュース、情報はLAオートショーのTwitter( (リンク ») )かFacebook( (リンク ») )をフォローし、アラート( (リンク ») )に登録を。

オートモビリティーLAに関する詳しい情報はウェブサイト( (リンク ») )を参照。

「オートモビリティーLA(AutoMobility LA(TM))」、「コネクテッド・カー・エキスポ(Connected Car Expo(R))」、「LAオートショー(LA Auto Show(R))」、「ロサンゼルス・オートショー(Los Angeles Auto Show(TM))」はいずれもANSA Productions, Inc.の独占的財産である。

▽報道関係問い合わせ先
Breanna Buhr/Sanaz Marbley
JMPR Public Relations
818-992-4353
bbuhr@jmprpublicrelations.com
smarbley@jmprpublicrelations.com

ソース:Los Angeles Auto Show

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]