人工知能を使った生活支援ロボット世界大会に出場。報道関係の皆様を対象としたデモンストレーション開催

学校法人金沢工業大学 2016年06月15日

From 共同通信PRワイヤー

2016年6月15日

金沢工業大学

金沢工業大学「demura.netチーム」がドイツで開催される
人工知能を使った生活支援ロボットの世界大会に出場。

報道関係の皆様を対象としたデモンストレーションを開催
6月22日(水)15時30分
やつかほリサーチキャンパスFMT研究所

金沢工業大学の「demura.netチーム」がドイツ・ライプツィヒで6月30日(木)から7月4日(月)まで開催される、人工知能を使った生活支援ロボットの世界大会「ロボカップ@ホーム」に出場します。一行は6月26日に小松空港を出発し、7月6日に帰国します。
つきましては、報道関係の皆様を対象とした「demura.netチーム」のデモンストレーションを以下の日程で開催しますのでご案内申し上げます。


「demura.netチーム」生活支援ロボット デモンストレーション
日時:6月22日(水)15時30分から16時30分まで
会場:金沢工業大学やつかほリサーチキャンパス FMT研究所74-206室
以下のやつかほリサーチキャンパスマップWebページで「M」と表示された建物
(リンク »)

「demura.netチーム」メンバー:
・永島一輝さん(ロボティクス学科4年)
・榎本光洋さん(ロボティクス学科3年)
・山川武聖さん(ロボティクス学科2年)
・出村賢聖さん(明聖高等学校3年/金沢工業大学夢考房Junior所属)
・指導教員 ロボティクス学科 出村公成教授

「ロボカップ@ホーム」は、キッチンやリビングルームといった日常生活環境で、人工知能を搭載したロボットが人の役に立ち、人と共に暮していくための技術を競う競技会です。
2LDK程度のモデルルームの中で、ロボットが人間の音声指示に従い、棚にあるペットボトルやお菓子を取りに行ったり、人に追従して自律的に移動するなどの動作を行います。
「demura.netチーム」は2015年7月に中国・合肥で行われた世界大会では日本勢トップの第9位、2016年3月に愛知県で行われたジャパンオープンでは初優勝しています。

「demura.netチーム」世界大会審査ビデオは以下のwebページでご覧になれます。
(リンク »)      



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]