ジオトラスト「スマートシール」におけるTLS1.0の無効化に関するお知らせ

ケープコッド株式会社 2016年08月18日

ジオトラスト社は、安全な通信環境を維持するため、ジオトラスト社SSL証明書の動的サイトシールである「スマートシール」において TLS 1.0 暗号化プロトコルの無効化を開始します。

1. 概要
ジオトラスト社は、安全な通信環境を維持するため、ジオトラスト社SSL証明書の動的サイトシールである「スマートシール」において TLS 1.0 暗号化プロトコルの無効化を開始します。

2. 背景
2015年4月に公開された TLS 1.1、TLS 1.2への移行に関するPCIガイダンスを受け ジオトラストでは、セキュリテ対策の一環としてTLS 1.0を順次無効化しています。
PCIガイダンスの詳細。
(リンク ») Supplement_v1.pdf

3. スケジュール
TLS 1.0 の無効化:2016年8月末を予定

4. 内容
TLS 1.0 の無効化以降、ジオトラスト「スマートシール」のサービスにおけるTLS 1.0でのサポートを無効化し、TLS 1.1および 1.2のみをサポートいたします。
TLS 1.1以降をサポート(または有効化)していないブラウザや端末では、「スマートシール」が表示されなくなります。
よって、ジオトラスト 「スマートシール」を配置しているウェブサイトにおいては、TLS 1.1以降をサポート(または有効化)するブラウザや端末をご利用ください。

5. 対象
ジオトラスト 「スマートシール」をサポートしている以下SSL証明書サービス。
• ジオトラスト トゥルービジネスID
• ジオトラスト トゥルービジネスID ワイルドカード
• ジオトラスト クイック SSL プレミアム
• ジオトラスト トゥルービジネスID with EV

6. 対処方法
Internet ExplorerでのTLS 1.1およびTLS 1.2の有効化について。
(リンク »)

7. 各ブラウザの対応状況
各ブラウザのTLS 1.1およびTLS 1.2の対応状況。
(リンク »)

5. FAQ
・TLS 1.0のブラウザからアクセスした場合、どうなりますか?
ウェブサイトに配置されている「スマートシール」は表示されません。
・SSL証明書の再発行を行う必要がありますか? 
ジオトラスト社サーバー側の機能変更ですので、SSL証明書の再発行は必要有りません。


GeoTrustとは
SSL証明書、暗号化技術と第三者認証サービスにおける、全世界シェア第二位のリーディングブランドです。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

SSL証明書 | ジオトラスト RapidSSL事業部

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ケープコッド株式会社の関連情報

ケープコッド株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。