和モダンな切子照明シリーズを新発売。

オリンピア照明株式会社 2016年08月24日

From 共同通信PRワイヤー

2016年8月24日(水)

オリンピア照明株式会社

日本住宅の今にぴったり、しかもLEDだから省エネ。
和モダンな切子照明シリーズを新発売。

オリンピア照明株式会社(本社 東京都文京区、代表取締役社長 浅野純也)は、自社ブランド「MotoM(モトム)」切子照明シリーズとして6灯シャンデリア、3灯ペンダント、スタンドライトをそれぞれ赤青の2色展開にて販売開始します。
切子とは、カットグラスの技法を使い、装飾を施したガラスのことで、カットグラスの日本名のことを言います。江戸末期に江戸で始まった「江戸切子」と、薩摩藩が幕末から明治初頭にかけて生産した「薩摩切子」といったものが有名です。弊社
の切子照明シリーズは、独自の製法によるきらめく切子ガラスと柔らかな透過光を創出する布セードからなり、日本的な暖かみや懐かしさに加え、デザインの斬新さも持ったこだわりのある商品となっております。お部屋のインテリアを大切
にするお客様が多くなってきた日本の住宅に、和モダンな雰囲気を提供します。
今後も、照明メーカーとしての約50年の経験を活かし、時代にあったデザイン性の高い照明の商品開発に努めて参りま



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]