チンパンジーのベッドをヒントに開発した「人類進化ベッド」、東京、名古屋でお披露目

株式会社イワタ 2016年08月26日

From 共同通信PRワイヤー

2016年8月26日

株式会社イワタ 人類進化ベッドプロジェクト

チンパンジーのベッドをヒントに開発した「人類進化ベッド」
東京・新宿で9/13まで、名古屋で9/17から展示

チンパンジーは毎日木の上にベッドを作ります。それをヒントに新たなベッドが生まれました。その名は「人類進化ベッド」です。
発案者は霊長類研究者の座馬耕一郎(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科研究員)。実際にチンパンジーのベッドに寝てみたところ、「今までで最高の寝心地」だったと言います。この寝心地を人類の技術で再現したいという座馬の想いに、デザイナーの石川新一と寝具メーカー・イワタの代表、岩田有史が共鳴。昨年5月に人類進化ベッド開発プロジェクトは発足しました。
「人類進化ベッド」は楕円(だえん)形で、中心が皿のようにくぼみ、周囲全体が枕。360度揺りかごのように揺れます。包まれるような安心感とゆらゆらと動く心地よさが人気。人類進化ベッドは限りなく古くて、どこまでも新しいベッドです。
9月13日まで、新宿リビングセンター・OZONEにて開催の「チンパンジーのベッド 快眠への7つの工夫」展にて展示。関東エリアでは初めて展示です。 (リンク »)
東海エリアは9月17日より10月7日まで、寝具御誂専門店IWATA名古屋( (リンク ») )にて展示します。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]