LPixel、「研究者のための画像処理」教育動画を教員・研究者向けコミュニティサイト「Adobe Education Exchange」にて公開。

LPixel 2016年10月11日

From PR TIMES

全国の研究者に体系的な画像処理教育の機会を提供へ

 エルピクセル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:島原佑基、以下「LPixel」)は、アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利ユージン、以下「アドビ」)と「研究者のための画像処理」教育動画を製作し、本日アドビが日本語版の提供を開始した教員・研究者向けコミュニティサイト「Adobe Education Exchange」にて公開いたしました。



研究教育動画製作の背景
LPixelでは、2015年から60を超える大学研究機関において「研究者のための画像処理セミナー」をアドビと共催してまいりました。2015年6~12月に実施したセミナー参加者のうち、自ら教員または研究者と回答した1,564名を対象に画像処理に関する調査を行った結果、画像処理の知識とスキルが必須であると回答した人が全体の約9割を占めておりますが、そのなかで画像処理を授業で学んだことがある人は約1%に留まりました。さらに、意図しない画像不正を防ぐ確信があると回答した人は全体の約1割となり、教員・研究者に対する画像処理教育の必要性が高いことが分かりました。[1]

本調査結果を踏まえ、LPixelではより多くの研究者に体系的な画像処理教育の機会を提供すべく、アドビとともに「研究者のための画像処理」教育動画を製作し、アドビが本日より日本語版の提供を開始した教員・研究者向けコミュニティサイト「Adobe Education Exchange」にて公開いたしました。オンライン上で公開することによって、だれでも手軽に一から体系的な画像処理教育が受けられるようになります。また、研究者の研究画像処理の知識とスキルが向上することで、画像不正を未然に防止することも期待されます。

▼ Adobe Education Exchange – エルピクセル株式会社専用ページ
(リンク »)

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


LPixelでは、今後も研究者のための画像処理教育活動を展開してまいります。

[1] LPixel「研究者を対象とした画像処理調査結果」 (リンク »)

エルピクセル株式会社について
エルピクセル株式会社(本社: 東京都文京区、代表取締役: 島原佑基)は、東京大学の画像解析に精通した生命科学の研究者が中心となって、2014年3月に設立したベンチャー企業です。
主な事業内容:
・研究用画像解析ソフトウェア開発
・研究教育活動
ホームページ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]