編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

『大阪電力プラン』・『瀬戸内電力プラン』新プラン発表について

香川電力株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2016-10-31 08:00

2016/10/31

香川電力株式会社

四国電力エリアで最安級プランの香川電力が
『大阪電力プラン』・『瀬戸内電力プラン』をリリース

四国電力エリアで最安級のプランを展開する新電力会社「香川電力」(本社:香川県高松市、代表取締役:宮前博行)は、11月1日より関西電力エリアにて『大阪電力プラン』、2017年1月より中国電力エリアにて『瀬戸内電力プラン』を販売、供給開始いたします。


香川電力は四国電力エリアだけでなく、関西・中国エリアと提供エリアを拡大し、今後もお客様に安心してご利用いただける安い電力を提供してまいります。
四国・関西・中国エリアの自治体様の入札準備もご相談から概算見積り、仕様書作成までさせていただいておりますのでお気軽にお問い合わせください。

【大阪電力プランの特徴】
大阪電力プランは、従量電灯A・従量電灯B・低圧電力・高圧電力・特別高圧電力のお客様が対象で、標準家庭で現在の関西電力の価格より10%程度安く価格設定しております。

ご家庭向け(従量電灯A)では、使用量が多いほど単価が割安となる料金設定としており、月間500kWh使用のご家庭で、月間1,917円の削減となります。
また、企業向け(従量電灯B)では、使用量に関わらず関西電力の単価から一律10%削減で料金設定しており、契約容量30kVA、月間2,000kWh使用の企業で、月間6,688円の削減となります。
高圧電力・特別高圧電力のお客様は、現在のご使用状況から個別に料金設定をしており、最大で15%の削減が可能となります。

無料で見積り作成も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
大阪電力プランはおかげさまで、10月中旬より開始した事前予約の段階で既に100件以上の予約をいただいております。
現在本申込み受付中で、11月1日より順次契約切り替え・供給開始と進めさせていただいております。

【瀬戸内電力プランの特徴】
瀬戸内電力プランは、大阪電力プラン同様に従量電灯A・B・低圧電力・高圧電力・特別高圧電力のお客様が対象で、標準家庭で現在の中国電力の価格より5%前後から利用状況によって10%程度安く価格設定しております。

ご家庭向け(従量電灯A)では、月間500kWh使用のご家庭で、月間972円の削減となります。
また、企業向け(従量電灯B)では、中国電力の単価から一律10%削減で料金設定しており、契約容量30kVA、月間2,000kWh使用の企業で、月間6,191円の削減となります。
高圧電力・特別高圧電力のお客様は、大阪電力プラン同様に現在のご使用状況から個別に料金設定をしており、最大で15%の削減が可能となります。

供給開始は2017年1月からの予定となりますが、無料見積り、仮予約にて受付を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


【四国エリア】
・提供開始日:2016年9月1日
・プラン詳細: (リンク »)

【関西エリア】
・提供開始日:2016年11月1日
・プラン詳細: (リンク »)

【中国エリア】
・提供開始日:2017年1月1日予定
・プラン詳細: (リンク »)

高圧・特別高圧については、 (リンク ») にてご確認ください。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]