NECマネジメントパートナー、コンピュータセキュリティインシデントの対応体制「CSIRT」向けトレーニング 3コースを発表

NECマネジメントパートナー テクノロジー研修チーム 2016年12月19日

NECマネジメントパートナー株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役執行役員社長:松倉肇、以下 NECマネジメントパートナー)は、コンピュータセキュリティインシデントに対応するための専門チーム「CSIRT」向けトレーニングコース「CSIRT強化トレーニング ハンドリング編」、「CSIRT強化トレーニング マルウェア感染対応編」、「CSIRT強化トレーニング テクニカル編(CTF形式)」の3コースを2017年1月より順次提供開始します。

サイバー攻撃の手口は年々複雑・巧妙化しており、また与える影響も大きくなってきています。この課題に対応するため、組織や企業内にサイバー攻撃などのコンピュータセキュリティインシデントに迅速かつ的確に対応するための専門チーム「セキュリティインシデント対応チーム(CSIRT)」の設置が求められています。

そこで、NECマネジメントパートナーは「セキュリティインシデント対応チーム(CSIRT)」として必要な実践的な知識や対応について、短期間で効率的に学べる3つのトレーニングコースを開講いたします。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

NECマネジメントパートナー テクノロジー研修チームの関連情報

NECマネジメントパートナー テクノロジー研修チーム

NECマネジメントパートナー テクノロジー研修チームの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]