もっと便利な「店舗体験」を国内や海外からのお客様に クレジットカード・電子マネーなど 複数の決済サービスを新たに導入

日本マクドナルド株式会社 2017年03月21日

From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 健)と提携し、2017年下半期より順次、全国のマクドナルド店舗(約2,900店舗)において、クレジットカードによる決済サービスを開始するとともに、電子マネー決済サービスの取り扱いを拡大してまいります。

新たに取り扱い開始を予定するのは、「Visa」「Mastercard(R)」等のクレジットカード、電子マネー「nanaco」、「Suica」等の交通系電子マネー※1、および「Visa payWave」「Mastercard(R) コンタクトレス」等のNFC※2による決済サービス※3です。
これまでも、電子マネー「iD」「WAON」「楽天Edy」の決済サービスをご利用いただけましたが、今回、お客様により良い「店舗体験」をご提供するため、更なる利便性の向上を目的として、新たに決済サービスを導入いたします。

まず、2017年下半期を目標に利用できる電子マネーを拡大、その後、国内だけでなく海外からのお客様にとっても便利なクレジットカードやNFCによる決済サービスを順次開始する予定です。さまざまな決済サービスを導入することで、お客様のお支払い方法の選択肢が格段に広がり、マクドナルドをより便利かつ快適にご利用いただけます。また、お客様に安心してクレジットカードをご利用いただくために、ICクレジットカードに対応したマルチ決済端末を導入する予定です。

2017年、マクドナルドはビジネスの強化という新たな段階に入り、変化するお客様のニーズに対応するため利便性の強化を新しい取り組みとして注力します。これまで実施してきた、公式アプリの刷新、「Free Wi-Fi」の導入、最近開始した「dポイント」の導入などに加え、新たな利便性をご提供いたします。今回の決済サービスの導入・拡大においても、日頃からマクドナルドをご利用いただいているお客様の利便性向上はもちろんのこと、2020年東京オリンピックに向けて、増加が見込まれる海外からのお客様にも、よりスムーズにご利用いただき、マクドナルドの美味しいメニューを気軽に お召し上がりいただければと存じます。

※1 ご利用いただける交通系電子マネーは、「Kitaca」、「Suica」、「PASMO」、「ICOCA」、「TOICA」、「manaca(マナカ)」、「SUGOCA」、「nimoca」、「はやかけん」の9種類です。
※2 NFCとは、非接触ICカードインターフェースの規格としてISOで規定された国際標準の無線通信技術です。数センチの短い通信距離で携帯電話などのNFC搭載機器を「かざす」ことをきっかけに、様々なサービスを実現します。
※3  「JCB」「ダイナース」「ディスカバー」「QUICPay+」「JCB PREMO」「J/Speedy」については、株式会社ジェーシービーがサービス提供します。「アメリカン・エキスプレス」「American Express(R) Contactless」については「アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc」がサービス提供します。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR