編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ABBYYは画像ベースの文字認識をNTTドコモの多言語翻訳アプリに提供

ABBYY USA

From: JCN Newswire

2017-04-12 09:40


MILPITAS, CA, Apr 12, 2017 - ( JCN Newswire ) - 情報を有効活用するテクノロジーとソリューションで業界をリードする ABBYY(R) は本日、ABBYY FineReader エンジンが画像ベースの翻訳機能を日本最大のモバイルキャリア NTTドコモが提供する「はなして翻訳」モバイルアプリに提供を開始することを発表しました。「はなして翻訳」は英語、フランス語、ドイツ語、インドネシア語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語を含む最大10言語を正確に日本語に翻訳する必要がある日本語使用者に人気のツールとなっている他、日本に滞在する外国人が日本語を別の言語に翻訳する場合にも愛用されています。ABBYYの受賞歴のある文字認識テクノロジーを利用した「はなして翻訳」アプリのユーザーは、話し言葉や、メニュー、新聞、標識などの印刷されたテキストを翻訳することができます。

「グローバルな経済の中で人々がつながるためには、電話での会話やEメールによる通信でも、明瞭なコミュニケーションが不可欠となっています。」ABBYYジャパン代表の小原洋は述べます。「ABBYY FineReader エンジンを翻訳アプリ『はなして翻訳』に活用することで、NTTドコモは話し言葉とテキストの両方を翻訳するユニークなサービスを提供することができ、ユーザーは正確な翻訳結果を得ることができます。」

NTTドコモスマートライフプランニング部のシニアマネージャー長妻大育氏は次のように述べます「最新の『はなして翻訳』アプリの開発にあたり、当社は広範にわたる試験を実施し、利用者の皆様に信頼性の高いサービスをご提供できることを確認しました。」「ABBYY FineReader エンジン SDKはパワフルな成果をあげながら、当社のプラットフォームとの統合を容易にしました。」

ABBYY FineReader エンジンは、開発者、インテグレーター、そしてBPOにおいて光学文字認識テクノロジーをアプリケーションに統合できるようにします。これは多言語認識および変換テクノロジーを可能にするABBYY認識プラットフォームに基づくものです。

資料
ABBYY FineReader エンジン製品情報
(リンク »)

ABBYY会社情報
ABBYYは情報を有効活用するテクノロジーとソリューションを提供する業界をリードするグローバルプロバイダーです。同社は情報のライフサイクル全般を統合するコンテンツキャプチャおよび革新的な言語ベースのテクノロジーのスタンダードを確立します。ABBYYソリューションは業務プロセスの最適化、リスクの緩和、意思決定の迅速化、収益の拡大等を目的としています。ABBYYテクノロジーは大規模の国際的企業や政府組織、ならびに中小企業や個人のお客様にも使用され、ライセンス供与されています。同社はオーストラリア、カナダ、キプロス、フランス、ドイツ、日本、ロシア、スペイン、台湾、UAE、英国、ウクライナ、米国の各国に拠点があります。詳細情報につきましては www.abbyy.jp/company をご参照ください。

ABBYY、ABBYYロゴは ABBYY Software Ltdの登録商標または商標です。また、本文書で使用されたその他の製品名はそれぞれの所有者に属する商標、および/または登録商標である可能性があり、ここに認識されています。

*「はなして翻訳」は、株式会社NTTドコモの商標です

報道関係者お問い合わせ先
Gina Ray, APR
+1-949-370-0941
gina@raypr.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]