編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Nayuta、兵庫県とブロックチェーンを用いた直接取引するデータ流通マーケットの実験を実施

株式会社Nayuta

From: PR TIMES

2017-05-02 12:21



株式会社Nayuta(本社:福岡市中央区、代表取締役:栗元憲一)は、兵庫県(兵庫県次世代材料開発研究会)と、大型放射光施設「SPring-8」内の兵庫県放射光ナノテク研究所において、ブロックチェーン技術を使ったデータ流通の実験を行いました。

兵庫県では、企業が持つSPring-8での測定データの有効活用を図り、企業の次世代材料開発を促進させるため、企業間で測定データとそれに付随する情報を流通させる新たな仕組みを検討しています。

このたびの実験では、Nayuta社が開発した、ブロックチェーンを用いたデータ流通インフラシステムのプロトタイプを使用し、売買を行う者同士の直接データ取り引きを行いました。

ビッグデータ時代において、データの取り扱いに対するブロックチェーンの適用の期待が高まっています。ブロックチェーンを用いると、一社が支配的な立場を築くことのない公正で安全なマーケットを構築することが可能になります。Nayutaは今後もブロックチェーンを用いた新しい社会インフラの実現に向けて取り組んでまいります。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]