ルネサスRH850で確実なリアルタイムトレースを実現させたiC5700の販売開始

ルネサスRH850で確実なリアルタイムトレースを実現させたiC5700の販売開始

ポジティブワン株式会社 2017年05月17日

2017年5月17日、ポジティブワンは、AUTOSAR準拠に対応したOpenSynergyとハイパーバイザCOQOS Microによって実現させ、仮想マシン内で実行。 iSYSTEMのiC5700を使用することにより、すべてのECUからプログラムおよびデータ・トレースをキャプチャでき、さらに、新しいIOM6-CANLINモジュールで拡張できるシステムをご提案します。

ポジティブワン株式会社は、自動車の電気電子(EE)設計アーキテクチャの複雑さが進むにつれて、毎回リアルタイム制約が確実に満たされるように、ソフトウェア全体の時間遅延を完全に理解することが不可欠です。

AUTOSARをマルチコアプロセッサ上で、ハイパーバイザ上で実行し、CANバスを介してリンクされたマルチECUアーキテクチャの一部としてAUTOSARを実行した結果、より多くの抽象化が実現しました。

"...仮想マシン内で... OpenSynergyの柔軟なハイパーバイザー 'COQOS Micro'で。"
Renesas RH850車載MCUを活用して、CANバスライトとCANバスリードのエンドツーエンドの応答時間解析を行う方法を示すマルチECUアプリケーションのデモンストレーションが用意しました。 AUTOSARはOpenSynergyの柔軟なハイパーバイザ「COQOS Micro」によって実現された仮想マシン内で実行されています。 iSYSTEMのiC5700を使用して、すべてのECUからプログラムおよびデータ・トレースをキャプチャします。 さらに、新しいIOM6-CANLINモジュールが各モジュール間をつなげております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウエアや世界標準ISOなどに準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウエアからソフトウエアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ポジティブワン株式会社の関連情報

ポジティブワン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]