1000年に渡り引き継がれ、人々の心に平和・幸せを紡いできたバングラデシュの伝統刺しゅう「ノクシカタ」の作品展を大宮高島屋で開催!

株式会社高島屋 2017年05月30日

From Digital PR Platform


◎ノクシカタ刺しゅうとフェアトレード・ロシュンについて

1000年の歴史を持つノクシカタ刺しゅうの語源は、「芸術的デザインを施したつつみ布」。ノクシカタ刺しゅうには人々の心に平和・幸せをつむぐ大きな役割がありました。また、お客様へのおもてなしや肌掛け、赤ちゃんのおくるみなど、生活の中で今もなお大切に作られ、使われています。
一般社団法人フェアトレード・ロシュンは、バングラデシュの農村の女性たちの自立支援に取り組み、30数年に渡り活動を続け、生活改善、栄養改善、子供たちの教育と健康などの活動の成果が現れてきています。今回のイベントでの売上は、バングラデシュの村の女性たちの自立支援につながります。


◎刺しゅうの絵柄にはそれぞれ次のようなメッセージがあります

 ●星・・・・・・希望
 ●花のような模様(コドム)
     ・・・樹木の実を愛らしく表現。実りへの感謝を表す。
 ●ゾウ・・・・・家族の幸せ(ゾウは家族、特に子どもを大切に育てることから)。
 ●魚・・・・・・家庭繁栄・魔よけ
 ●蝶、ネコ、犬
      ・・・愛らしさ
 ●馬・・・・・・勇気
 ●ベンガルタイガー
      ・・・強さと威厳の象徴
 ●マンゴー(ペイズリー)
      ・・・豊かな実り、豊穣への願い  など


■本件に関するお問い合わせ先
大宮高島屋
TEL 048-643-1111

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]