Fusion WorldwideがISO 14001環境管理の認定を受ける

Fusion Worldwide 2017年06月01日

From 共同通信PRワイヤー

Fusion WorldwideがISO 14001環境管理の認定を受ける

AsiaNet 68760 (0805)

【ボストン2017年6月1日PR Newswire=共同通信JBN】世界第2位の独立系電子部品販売企業Fusion Worldwide( (リンク ») )は、国際標準化機構(ISO)14001認定( (リンク ») )を受けた。ISOは国家規格組織の国際的連合体で、認定プロセスを通じて環境への影響を測定し、それを軽減するFusion Worldwideのコミットメントを承認した。

ISO 14000規格ファミリーは、環境責任を管理することを目指す企業や組織のためにツールを提供する。世界の組織は環境管理への体系的なアプローチを採用し、持続可能性を目標に設定する管理システムを実装してきた。

Fusion Worldwideは認定プロセスの一環として、水、電気、原料の使用とリサイクル・プログラムを含む分野において自社が現在与えている環境への影響に加え、世界にある同社の6カ所でノイズの管理および制御の方法を測定した。同社は対象と目標を設定し、目標達成を実現できるプログラムを策定した。

Fusion Worldwideのピーター・ルサッフレ最高経営責任者(CEO)は「Fusionは企業として、当社が環境に与える影響を軽減することにコミットしている。今回の認定はわれわれにとって重要であるだけでなく、当社の顧客や地球にとっても重要である。世界企業として、われわれは自らが環境の保護者になるべきであり、これに向かって総力を挙げるために当社の顧客による助力を受け入れ、それを高く評価している」と語った。

ISO国際規格は、無駄と誤りを最小限に抑え、生産性を増大させることによって費用を軽減する戦略的なビジネスツールがあることを保証する。このツールによって、企業は新しい市場にアクセスし、開発途上国の条件を平等にし、自由で公正な世界貿易を実現できる。

Fusion Worldwideの認定の詳細なリストはウェブサイト (リンク ») を参照。

▽Fusion Worldwideについて
Fusion Worldwideは、幅広い製品、完成品を世界の広範なクライアントのために調達し、仕入れ、納入する世界的な大手電子部品販売企業である。同社は現行生産製品、旧製品、生産終了製品、アフターマーケット・サービスによってサプライチェーンの不足を補う。Fusion Worldwideの事業展開能力は品質検査、在庫管理、世界規模流通にまで及んでいる。ボストンに本社を置くFusion Worldwideはサンノゼ、シンガポール、アムステルダム、香港、米マサチューセッツ州ウィルミントンにオフィスを構えている。詳細はウェブサイト (リンク ») を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Kim MacKenzie
kim@hollywoodpr.net
+1 (781) 749-0077

ソース:Fusion Worldwide

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]