宮沢章夫×吉田靖直(トリプルファイヤー)対談【前編】公開

早稲田大学 2017年06月02日

From 共同通信PRワイヤー

2017年6月2日

早稲田大学学生部学生生活課 早稲田ウィークリー編集室

宮沢章夫×吉田靖直(トリプルファイヤー)対談【前編】公開

「時代をつくる、言葉とサブカル」“知れ恥”表現は恥に向き合い生まれる
宮沢章夫×吉田靖直(トリプルファイヤー)対談
(リンク »)

演劇や音楽、映画、小説…そんな表現活動はもとより、話したり、読んだり、書いたり、あるいは考えたりと、人間の生活と「言葉」は密接に結びついています。今回、そんな「言葉」について対談していただいたのは、劇作家で早稲田大学文学学術院教授でもある宮沢章夫さんと、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)、『共感百景』(テレビ東京系)などのバラエティー番組にも出演し、自身のバンド「トリプルファイヤー」ではユニークな世界観を持つ歌詞を生み出している吉田靖直さん(2011年第一文学部卒)。ともにカルチャーの畑ながら、言葉に強いこだわりを持つ2人は、いったいどのようにして言葉と向かい合っているのでしょうか? そして、言葉にはどのような可能性が秘められているのでしょうか?

【問い合わせ先】
早稲田大学学生部学生生活課 早稲田ウィークリー編集室
E-mail:weekly@list.waseda.jp
TEL:03-5286-1836

【早稲田ウィークリーとは】
早稲田大学学生部が発行する学生向け週刊広報紙です。2016年4月、紙媒体での定期発行を取りやめ、Webマガジンとしてリニューアルしました。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]