アンチウイルスコラムの最新号「2017年4月アンチウイルス動向―Microsoft Office用ウイルスにご用心―」

株式会社Doctor Web Pacific 2017年06月06日

Doctor Webは月刊総務で吉政忠志氏が連載しているアンチウイルスコラムの最新号「2017年4月アンチウイルス動向―Microsoft Office用ウイルスにご用心―」が公開されたことをお伝えします。

###

アンチウイルスメーカーのDoctor Webが2017年4月のウイルスレビューを公開されましたので、かいつまんでわかりやすく解説いたします。ウイルスレビューの詳細をご覧になりたい方は本文最下段をご覧ください。

 さて、4月のウイルス動向としては以下が挙げられます。

(A)マルチコンポーネントトロイの木馬を含んだ悪意のあるメールの配信
(B)Microsoft Officeの脆弱性を発見
(C)Windows向けの新たなトロイの木馬の拡散

 さて、今回は(B)のMicrosoft Officeの脆弱性について掘り下げていきます。Microsoft Officeは総務部門で担当することも多い、身近なソフトウエアになります。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]