州都デュッセルドルフとその地域はグランデパール・デュッセルドルフ2017にさまざまなプログラムを提供

City of Duesseldorf 2017年06月16日

From 共同通信PRワイヤー

州都デュッセルドルフとその地域はグランデパール・デュッセルドルフ2017にさまざまなプログラムを提供

AsiaNet 68946 (0897)

【デュッセルドルフ(ドイツ)2017年6月16日PR Newswire=共同通信JBN】
*トーマス・ガイゼル市長は第2回ツール(Tour)サミットで仲間の市長と会合

ツール(Tour)が進んでいる-そして、その地域はそれを楽しみにしている。デュッセルドルフからアーヘンまでのツールの諸都市では、最後の準備が進行中である。

(Photo: (リンク ») )

主催都市のデュッセルドルフだけでなく、地域のツールの諸都市においてもグランデパール・デュッセルドルフ2017(Grand Depart Dusseldorf 2017)をめぐるイベントの準備が全速力で行われている。第2ステージのコースにある自治体は、ツール・ド・フランス(Tour de France)のスタートを心待ちにしている。15日(木)の第2回ツール・サミットで、デュッセルドルフのトーマス・ガイゼル市長と仲間の市長たちは彼らの都市における計画を提示した。

デュッセルドルフは、コース沿いでのステージ・プログラム、LEDトランスミッション、ケータリング提供など、7月1日(土)の第1ステージのためにさまざまなホットスポットを準備している。第2ステージは州都デュッセルドルフをスタートし、同市を通り抜けるが、これは同レースでは2度目。その第2ステージのために、同市はまた、そのコース沿いでさまざまなプログラムを計画している。これに加え、両日ともにスポーツクラブや地域のイニシアチブ、商業活動者によるイベントがある-60以上のクラブ、組織、個人が7月2日の活動について市民参加事務所に登録している。

トーマス・ガイゼル市長は「それがスポーツあるいは参加活動、くつろいだピクニック、パーティー、ライブミュージックであろうと、デュッセルドルフは、どんな人にも何かを提供するさまざまなプログラムにより、ツール・ド・フランスのドイツへの回帰を祝賀する。さらに、両日ともにレースは全部で10のLEDスクリーンでフォローされる。われわれは最も重要な情報とプログラムの項目を詳細なプログラム案内書にまとめている」と語った。案内書はタウンホールと市民センター、並びにオンライン上のwww.duesseldorf.de/letour ( (リンク ») )において無料で入手できる。

オンライン版:
(リンク »)

▽問い合わせ先
Landeshauptstadt Dusseldorf
Amt fur Kommunikation
Kerstin Jackel-Engstfeld
Telefon: +49-211-8993131
E-Mail: presse@duesseldorf.de
(リンク »)

ソース:City of Duesseldorf

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。