【上海問屋限定販売】立体音響を聴けて録音もできるイヤホン ライトニング接続でクリアな音質 iPhone専用 バイノーラル録音用マイク搭載 VRイヤホン 販売開始

株式会社ドスパラ 2017年06月16日

From ValuePress!

上海問屋は、立体音響を聴けて録音もできる、バイノーラル録音用マイク搭載のiPhone専用のVRイヤホンの販売を開始しました。左右のハウジングはマイクが内蔵されており、実際の耳に聴こえるように周囲の音を録音できる、バイノーラル録音を手軽に行えます。録音した音源は、まるでその場に居合わせているかのような臨場感を再現できます。また撮影した動画は、自宅で観ると再び撮影場所に戻ったようなリアルな立体音響を楽しめます。ライトニング端子変換アダプタには、立体音響をより忠実に再生・録音できるデジタルBOXを搭載。ライトニング接続で、ノイズの影響を受けず劣化のないクリアな音質を楽しむことができます。


[資料: (リンク ») ]
[動画: (リンク ») ]


株式会社ドスパラ(東京都千代田区)が運営、世界中の商品を輸入販売する上海問屋は、立体音響を聴けて録音もできる、バイノーラル録音用マイク搭載のiPhone専用のVRイヤホンの販売を開始しました。

【立体音響を作れて聴ける】

 立体音響を聴けて録音もできる、バイノーラル録音用マイク搭載のiPhone専用のVRイヤホンです。

 左右のハウジングはマイクが内蔵されており、実際の耳に聴こえるように周囲の音を録音できる、バイノーラル録音を手軽に行えます。録音した音源は、まるでその場に居合わせているかのような臨場感を再現できます。また撮影した動画は、自宅で観ると再び撮影場所に戻ったようなリアルな立体音響を楽しめます。

 ライトニング端子変換アダプタには、立体音響をより忠実に再生・録音できるデジタルBOXを搭載。ライトニング接続で、ノイズの影響を受けず劣化のないクリアな音質を楽しむことができます。

※イヤホンとデジタルBOXは、microUSBで接続します。
 microUSB端子はデジタルBOX接続専用で、Android端末ではご利用いただけません。

【上海問屋限定販売ページ】

iPhone専用 バイノーラル録音用マイク搭載 VRイヤホン
DN-915037
9,999円(税込)
本店
(リンク »)
ドスパラ通販
(リンク »)
販売ページより動画もご覧いただけます。

※画像の備品は商品に含まれません。

【製品仕様】

イヤホン
ドライバユニット・・・・12.5mm ダイナミックドライバ
再生周波数帯域・・・・・20Hz~18KHz
ドライバ感度・・・・・・110dB
マイク感度・・・・・・・-32dB
インピーダンス・・・・・16Ω

デジタルBOX
サンプリングレート・・・44.1kHz/16bit
消費電力・・・・・・・・200mW
SNR・・・・・・・・・・ 110dB
周波数応答・・・・・・・5Hz~40kHz

その他
接続端子・・・・・・・・MFiライトニング端子(デジタルBOXでmicroUSB→ライトニングへ変換)
ケーブル長さ・・・・・・約110cm(Y字分岐、デジタルBOX部分含む)
重量・・・・・・・・・・約19g
付属品・・・・・・・・・イヤーピース(XS/S/M/L ※Mサイズはイヤホンに装着)、ソフトケース、
            英語マニュアル
製品保証・・・・・・・・お買い上げ後 初期不良6ケ月

【製品画像】

(リンク »)
(リンク »)

内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。
___________________
このリリースに関するお問い合わせは下記までお願い致します。
株式会社ドスパラ 広報部 佐久間 康子
Tel:03-5294-2043 携帯:090-2922-4621 Fax:03-5298-7266
商品お問い合せ先E-mail: sakuma@twave.co.jp
Facebook公式ページ (リンク »)
___________________


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]