ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ用  ブレイデッドカーボンホイール

ポルシェジャパン株式会社 2017年08月18日

From 共同通信PRワイヤー

ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ用
ブレイデッドカーボンホイール


ワールドプレミア:ドライビングダイナミクスを強化する魅力的なルックスと独占的イノベーション


ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は、自動車メーカーとして世界で初めてブレイデッドカーボンファイバー製の軽量ホイールを提供します。このホイールは、ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズのオプションとして用意されるものです。クリアラッカーの保護層下には、ブラックが特徴的なハイテク素材のカーボンを確認することができます。この革新的なホイールは、標準のアロイホイールより約8.5kg軽量(20%の軽量化に相当)であるうえに、強度は20%アップしています。ばね下重量の削減によってロードホールディング性能がさらに改善され、前後G/横Gともに完璧に受け止めます。回転質量が小さいことから、加速とブレーキングはどちらも鋭さに磨きがかかります。この結果、ドライビングダイナミクスとドライビングプレジャーが向上することは確実です。

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製のホイールは、基本的に2つのコンポーネントで構成されています。まずホイールセンターはカーボンファイバーファブリック製で、製造にあたっては200以上のコンポーネントを切り出し、組み立てる作業が行われます。そしてもうひとつのコンポーネントはブレイデッドカーボンファイバー製のリムベースで、こちらは現在世界最大の大きさを誇る、約9m径のカーボンファイバーを網組む(ブレイディング)専用マシンによって製造されます。その後、ホイールセンターがリムベースに編み込まれます。組み立てられたホイールは樹脂を含浸して高圧高温で硬化準備処理が施されます。完成したホイールは、高温で硬化された後、長時間かけて冷却処理されます。センターロックが完成したホイールに挿入されると、ホイールはクリアラッカーによって保護されます。

ポルシェは、世界の自動車業界の中で、極めて複雑なこのテクノロジーを初めて採用しました。ブレイディングテクノロジーは、カーボンファイバーファブリックをプレ含浸させる従来の製造方法を上回る重要なメリットをもたらします。それは、この製造技術によってカーボンの材料構造はさらに密度が高くコンパクトになり、剛性がアップするということです。材料をより効率的に使用できることから無駄も減ります。新しいカーボンホイールは、合計18kgのカーボンファイバー、すなわち8m2のカーボンファブリックで製造されます。

2018年の初頭から、新しいカーボンホイール(フロント9 J x 20、リア11.5 J x 20)が911ターボSエクスクルーシブシリーズのオプションとして入手可能になります。


<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ (リンク »)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]