「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード」シリーズから「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード ロゼ 2016」を今年から全国発売開始

キリン株式会社 2017年08月22日

From Digital PR Platform


メルシャン株式会社(社長 代野照幸)は、長野県上田市の自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」のブドウを100%使用した「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード」シリーズから、前ヴィンテージまで地域限定で発売していた「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード ロゼ 2016」を9月5日(火)より全国で発売します。同時に、「同 オムニス 2014」、「同 メルロー 2014」、「同 シャルドネ 2016」、「同 ソーヴィニヨン・ブラン 2016」の4種を、9月5日(火)より全国で発売します。

「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード」シリーズは、ブドウ栽培の知見を蓄積し、企業によるブドウ栽培という新たな農業のあり方を模索するため、当社が2003年に長野県上田市に開園した自社管理畑「椀子ヴィンヤード」のブドウを100%使用しています。当社は、同ヴィンヤード産の高品質なブドウから、国内外で評価されるワインを生み出すことで、日本ワイン全体のさらなる普及と発展に貢献していきます。

●「椀子(マリコ)ヴィンヤード」について
・2003年に長野県上田市丸子地区の陣場台地に開園した約20haの自社管理畑で、試験栽培も含め、10種類ほどのブドウ品種を栽培しています。
・2010年に念願のファーストヴィンテージをワイナリーとWEB限定で発売したのち、生産本数を徐々に増やし、2013年に「シャルドネ」と「ソーヴィニヨン・ブラン」を、2014年に「オムニス」と「メルロー」を、さらに本年は「ロゼ」を全国発売することが出来ました。

●「シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード ロゼ 2016」について
「椀子(マリコ)ヴィンヤード」で育まれたシラー、メルロー、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨンなどを使用しています。華やかな香り、心地よい酸味と豊かな果実味のバランスが良い、本格的な辛口のロゼワインです。

〔新ヴィンテージワインの概要〕
1.商品名・色・アルコール ※全ての正式名称には「シャトー・メルシャン」が付きます。
 マリコ・ヴィンヤード オムニス 2014・赤・13%
 マリコ・ヴィンヤード メルロー 2014・赤・13.5%
 マリコ・ヴィンヤード シャルドネ 2016・白・12.5%
 マリコ・ヴィンヤード ソーヴィニヨン・ブラン 2016・白・ 12%
 マリコ・ヴィンヤード ロゼ 2016 ロゼ 12%
2. 産地 長野県上田市丸子地区・椀子(マリコ)ヴィンヤード
3.容量・容器 750ml・びん
4.カテゴリー分類 果実酒
5.発売日 2017年9月5日(火)
6.発売地域 全国
7.価格 オープン価格



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。