フリアーシステムズが新しい周辺監視向け固定バレット型赤外線カメラを発売

フリアーシステムズジャパン株式会社 2017年08月24日

From PR TIMES

新規および既存のセキュリティシステムに幅広い用途で対応する【FLIR FBシリーズO(オー)】

フリアーシステムズ(ナスダック:FLIR)は本日、 周辺監視向け短・中距離用固定バレットカメラFLIR FBシリーズO(オー)の発売を開始しました。FLIR FBシリーズOは、FLIR統合VMSとプラグ・アンド・プレイでの統合が可能で、他の主要なビデオ管理ソリューションも使用でき、新規および既存のセキュリティシステムに幅広い用途で対応するソリューションとなっています。



オレゴン州ウィルソンヴィル(2017年8月3日)– フリアーシステムズ(ナスダック:FLIR)は本日、 周辺監視向け短・中距離用固定バレットカメラFLIR FBシリーズO(オー)の発売を開始しました。FLIR FBシリーズOは、FLIR統合VMSとプラグ・アンド・プレイでの統合が可能で、他の主要なビデオ管理ソリューションも使用でき、新規および既存のセキュリティシステムに幅広い用途で対応するソリューションとなっています。


[画像: (リンク ») ]



FLIR FBシリーズOは解像度320x240の赤外線画像センサーを備えており、まったくの暗闇の中や、眩しい太陽、煙、埃、薄霧などを通して潜在的侵入物を検知することができます。レンズは視野角93、49、24の3種類から選ぶことができ、これにより柵で囲まれたエリアや建物周辺、開けた場所など狭い範囲から広い範囲まで対応します。


FLIR FBシリーズOには人と車との識別を支援するFLIR ioi TRK-101、同一ネットワーク上の赤外線または可視パンチルトズーム(PTZ)カメラへとターゲットを受け渡すFLIR ioi TRK-101 P PTZトラッカーといったFLIRの解析エンコーダーを搭載しています。IPとアナログビデオの同時出力も、ネットワークと既存のアナログシステムで利用可能です。また、先進のオートゲインコントロール(AGC)とコントラスト補正(DDE)によりあらゆるシーンで最適な画質が得られ、FLIRの統合VMSで統合することにより、警報通知も簡単に管理できます。


FLIR FBシリーズOのご購入についてはFLIR正規代理店にお問い合わせ下さい。FLIR FBシリーズOおよびFLIRのセキュリティソリューションのラインナップについての詳細はwww.flir.jp/securityをご覧ください。


フリアーシステムズについて
1978年創立。本社はオレゴン州ウィルソンヴィル。フリアーシステムズは、知覚を強化し認識力を高めるセンサーシステムの世界有数のメーカーであり、人命を守り、生産性を向上させ、環境を保護するための支援に努めています。3,500名近い従業員を擁するFLIRのビジョンは、赤外線画像技術とその周辺技術を活用して、セキュリティと監視、環境と状態のモニタリング、屋外レクリエーション、マシンビジョン、ナビゲーション、高度な脅威検出のための、革新的でインテリジェントなソリューションを提供することにより、「The World’s Sixth Sense(世界の第六感)」となることです。詳しい情報は弊社ウェブサイト(www.FLIR.jp)をご覧下さい。


当プレスリリースに関するお問い合わせ先:
フリアーシステムズジャパン株式会社
セキュリティ部 宇城 成揮
電話:03-6721-6648 Eメール:info@flir.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。