中国竜門県が芸術のモデル地域に転換

Longmen County Government 2017年08月30日

From 共同通信PRワイヤー

中国竜門県が芸術のモデル地域に転換

AsiaNet 69831 (1298)

【竜門(中国)2017年8月30日新華社=共同通信JBN】現代文明と古代文化が混じり合う、景色の美しい山里、竜門県は広東省・香港・マカオを結ぶ大湾岸圏に位置する質の高い生活圏の好例となり、芸術の都への変貌を図っている。同県は緑の中で過ごすバケーション、健康的な温泉、牧歌的な景色や民俗などに恵まれ、観光事業が花開き、地域発展の新たな道筋をつけた。統計では竜門県の2016年の年間観光収入は49億3000万元に達し、前年比で34.3%増を記録した。

広東省に属する竜門は広東省・香港・マカオを結ぶ大湾岸圏の核心地域に位置する歴史的な県で、「北回帰線上のオアシス」として知られている。竜門は丘陵地が全域の73%超を占め、森林被覆率が76.6%の山県で「最も美しい文化・エコツーリズム県」「中国民俗文化・芸術のふるさと」などの呼び名をほしいままにしており、エコ環境の面では珠江デルタ地帯で最も優れた地域のひとつである。これら文化的な発展をすべて鮮やかに記録しているのが「農民画」だ。

竜門県の「農民画」は旧清朝時代にさかのぼる。1988年には、竜門県は国家によって「中国現代民俗絵画のふるさと」にノミネートされている。その時以来、竜門県の発展が続いてきた。

「農民画」が描く美しい景色はその後、中国の多くの都市で容易に見つけることができるものになった。竜門の「農民画」は人々の前向きな姿や親切さを描く。ほとんどの絵は中国の庶民が持つ美意識を表しており、人と自然の調和を反映している。

この小さな県に「農民画」を描く画家が350人以上もいるが、大半は田舎生まれで、仕事の合間に絵を描いている。「農民画」は中国切り絵細工、刺繍、壁画など民俗芸術の要素を取り入れている。これらの絵画は中国の古典文化や民俗などから着想を得て、田園の生活様式にあふれ、独特の芸術的な魅力を持っている。村を歩けば、誰でも「農民画」に描かれた文化を体感できる。

竜門県政府の担当者は「農民画は田舎の暮らしを詩的でありながら同時に現代的に描いている」と述べた。

竜門県は優れた環境エコロジーのおかげで、民俗文化の可能性を追求し続け、農民画のニュアンスを広げている。

南昆山の十字水生態度仮村(Crosswaters Ecolodge and SPA)で記者は客家の伝統的な土楼と竹を組み合わせた建築技術を見ることができ、自然と文化の調和も楽しんだ。同リゾートは支配人によれば「グローバルローカリゼーション」に向けて設計されたもので、今では竜門エコ観光の新たな目玉商品になり、「世界ランドスケープ・デザイン賞」の表彰も受けたという。

竜門県には他にも多くの同じようなエコツーリズムの見どころがある。広東省・香港・マカオ大湾岸圏の主要な構成メンバーのひとつでもある竜門県はエコの強みをさらに生かし、エコ文化を通じた経済成長を図ろうとしている。

今日、竜門県は「農民画」を通じて名声と認知度を地球規模で獲得した。絵画は中国の伝統文化と世界をつなぐコミュニケーション手段になっている。これらの絵画は米国、カナダ、日本、スウェーデン、オーストラリア、フィジー、他の国々に紹介されている。農民画家の多くも海外から文化交流展示会を開くよう招聘を受けている。

ソース:Longmen County Government

画像添付リンク: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]